読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トップポイント(JUL.2016)

トップポイント(JUL.2016)を読みました。トップポイントは「一読の価値ある新刊本」を毎月紹介してくれる雑誌です。10年以上定期購読しています。表紙に著書名、見開きに「CONTENTS」(200字程度)次に、「in brief」(1ページ)で少し詳しく、ようやく本文(3ページ)に至ります。今月は、「トランプが日米関係を壊す」「軍事大国ロシア」「逆オイルショック」「シンギュラリティは近い」「IoTビジネスをなぜ始めるのか?」「FinTech入門」「あれか、これか」「新しい幸福論」「「プロの残業論」「努力論」の10冊を紹介しています。「in brief」までよんだものが3つ。本文までは1つ。購入は「シンギュラリティは近い」の1冊です。興味をもった3冊を備忘します。

シンギュラリティは近い-テクノロジーが急成長し、人間の生活を大きく変える「シンギュラリティ」(技術的特異点)について。人類が生物としての限界を超える、驚くべき未来が描かれる。
新しい幸福論-格差研究の第一人者が、経済学および哲学、社会学などの観点から、貧困を生む社会的背景、格差是正の現状などがのべられるとともに、心豊かな人生を送るためのヒントが示される・
努力論-努力こそ人生を幸福にする最善の道。明治の文豪・幸田露伴が論じている。