読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メイカーズ

3Dプリンターの時代到来です。今、3Dプリンターが私のそばにあります。ボンサイラボ、日本製です。未稼働ですが、眺めていると3Dの仕組みがよくわかります、2Dの軸と床の上下で3Dを実現してます。実に巧みです、驚きました。「フリーを活用すれば、大量生産によらなくても利益をあげるビジネスモデルが築ける。無料のビット経済の上に、貨幣経済における富が満たされ、無数の個人がそれを分け合っている。そしてここに先進国の未来がある。ビットをアトムに、アトムをビットに変える製造手法と、潤沢なフリーによって製造拠点の違いによるコスト格差がなくなり、より良いアイデアを持つ無数のニッチな企業の総和が経済を動かすようになる。」とのことです。備忘します。

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

ウェブがビットのイノベーション民主化したように、3-Dプリンタやレーザーカッターといった、新しい種類もラピッドプロトタイピング(迅速な試作品作りの技術)が、アトムのイノベーション民主化しつつある。ここ20年の変革はすごかったって?それはまだ序の口だ。ページ22
つまり、メーカームーブメントには、3つの大きな特徴がある。その3つの全てが、これまでとは違う、正しい流れだと僕は考えている。・デスクトップのデジタル工作機械を使って、ものをデザインし、作成すること。・それらのデザインをオンラインのコミュニティーで当たり前に共有し、仲間と協力すること。・デザインファイルが標準化されたこと。ページ33
…今僕らが目にしているのは、新しい時代の家内工業への回帰だ。新しいテクノロジーは、人々に再び生産手段という力を与え、草の根からの企業と分散されたイノベーションを可能にした。ページ69
モノのロングテールは身近にある。実はもうなんでも存在していたが、今ほど規模が大きくなかっただけだ。ページ87
高品質の品物少量だけ生産し、手ごろな値段でそれを販売できるようになれば、経済は破壊的な影響受ける。そしてここに、アメリカの製造業の未来がある。…3-D印刷のようなコンピューター化されたものづくりのプロセスは、コストをかけずに複雑さと品質を実現してくれる。ページ113
自分で3-Dスキャナを作ることもできる。ポケットプロジェクターで、対象となるものに縦横の格子線を投射し、高解像度のウェブカメラでそれを撮影する。ものを回転させて、ウェブカメラで全ての面と方向から撮影し、投射される光のパターンの変化によって形状を読み込むことができる。ページ129
フリーを活用すれば、大量生産によらなくても利益をあげるビジネスモデルが築ける。無料のビット経済の上に、貨幣経済における富が満たされ、無数の個人がそれを分け合っている。そしてここに先進国の未来がある。ビットをアトムに、アトムをビットに変える製造手法と、潤沢なフリーによって製造拠点の違いによるコスト格差がなくなり、より良いアイデアを持つ無数のニッチな企業の総和が経済を動かすようになる。ページ311