読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紫の履歴書

 美輪明宏「紫の履歴書」を読みました。「ヨイトマケの歌「黒蜥蜴」の大成功までの前半生です。4回目の出版だそうで57歳のときに校正しています。長崎に生まれで原爆投下を経験、東京の国立音楽高校を中退したあと、水商売、歌手、演劇と苦闘の前半生を語っています。男同士の「愛」がとても純粋で、息が詰まるような愛の駆け引きに驚きと不気味さを感じました。「ヨイトマケの歌」が銀座で知り合ったサハリン帰りの苦学生の話と、幼い頃の同級生の母子の話の合作であることを知りました。久しぶりに苦労して死んだ自分の母親を思い出しました。すでに13回忌となりました。

紫の履歴書

紫の履歴書