読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOPPOINT 2016.9月号

TOPPOINT9月号を閲覧しました。紹介本は、「失敗の研究」「巨大組織が崩れるとき」「創業メンタリティ」「ORIGINALS誰もが人と違うことができる時代」「悪いいヤツほど出世する」「これからのマネジャーの教科書」「人間を磨く」「超・箇条書き」「才能の見つけ方天才の育て方」「スタンフォード大学マインド降るネス教室」「禅ががわかる」でした。最後まで読んだのは、「ORIGINALS誰もが人と違うことができる時代」「超・箇条書き」でしたが購入までは至りませんでした。備忘します。

私たちは、創造性を発揮するオリジナルな人を見て、私たちは異なる才能リスクに対する免疫を持って生まれた人だ思う。だが、オリジナルな人とは、「自らのビジョンを率て実現させていく人」であり、誰もがけリジナル」にれる。ページ11ある分野で経験がある先駆者であっても、他分野の予測(し:研究によれば、「直感は、自分の経験が豊富にある分野にいてのみ正しい」。斬新なアイデアの成否を正確に予測すには、評価する分野で経験を積んだ人であることがべストだ。
製品の発明や起業では、真先に行動を起こせといわれる。だが、オリジナルな人たちを研究すると、一番乗りになると、利益よりも不利益の方が多いことがわかった。「ORIGINALS誰もが人と違うことができる時代」より
「超・箇条書き」とは、通常の箇条書きに「晴造化」「物語化」「メッセージ化」の3要素を加えたものである。そうすることで、より速く、魅力的に内容を伝えることができる。「超・箇条書き」より