読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球大進化(4) 大量絶滅

2004年制作「NHKスペシャル地球大進化」第4回目「大量絶滅」を視聴しました。
現在のシベリア方面で、数千キロの大噴火が起き、温暖化と低酸素で生物の98%が死滅しました。この低酸素に適応した生物が恐竜でした。哺乳類は陰でひっそりといきることになりました。この時に、哺乳類には、おなかの中で子供を育てるという進化がおこりました。備忘します。
>>
2億5000万年前、生物の98%が死滅しました。最も打撃を受けたのが人類の直系の祖先、哺乳類型は虫類です。地底マグマの大噴出スーパーブルームによる史上最大級の火山噴火で二酸化炭素が増え、海底のメタンハイドレード融解で発生した膨大なメタンガスが、温暖化と低酸素状態を招いたからでした。呼吸効率改善のために横隔膜を進化させた私たちの祖先は、胎生で子供を産み、母乳で育てる独自のシステムを作り出します。
<<