複眼で見よ

「複眼で見よ」を読みました。古本やで本田靖春の名前が気に掛かり購入しました。代表作「不当逮捕」か「誘拐」の記憶かも知れません、昔の印象が甦りました。当時から卓越したドキュメンタリー作家だと思っていました。本書を読んでみて、取り上げているテーマ、朝日の珊瑚ねつ造事件やリクルート事件など、テーマは古いのですが、その事件の解釈は今も色あせていないと感じました。「複眼でみる」というよりは、「確かな視座でみる」と訴えていると思います。中心がずれては意見は表明できません、むつ小川原や立川基地の記事を読んでみて、左でもなく、右でもない著者の正義と論理をとてもく心地よく読めました。今でいうと辛坊治郎さんみたいな方です。備忘します。

複眼で見よ (河出文庫)

複眼で見よ (河出文庫)

  • 作者:本田靖春
  • 発売日: 2019/10/05
  • メディア: 文庫

…私は大宅壮一氏をジャーナリストの先達として、ひそかに尊敬するようになった。それこそだれにも庇護を受けない、一匹狼である。それでいて、歯にキヌきせず物を言うのは、できそうに見えて簡単なことではない。ページ77
本田宗一郎のインタビューを終えて)世の中の仕組みがどう変わっても、基本は物をつくることにある。ならばその仕事にたずさわる人たちが、まず優遇されてしかるべきではないのか。そういう人たちをさておいて、銀行マンや証券マンがときめくのは、ちょっと筋が違うのではないか。ページ101
商品棚が多品種で彩られているのは一見豊かそうだが、そのうらには人間として低く遇されている人たちがいる。その人たちがおとなしいおかげで、会社も国も保っているのだけれども。ページ180
…競馬の「絶対」はない…私の内側で「必敗の信念」はいよいよ強固になるばかりsである。ページ196
自衛隊員の多くは、それでなくても差別を受けやすい立場からいまの職業を選んだ。彼らに対する地方自治体をあげての差別が、誰の名において許されるのか、はっきり答えてもらいたい。ページ230

日本の夜の公共圏

「日本の夜の公共圏」を読みました。副題は「スナック研究序説」です。東京大学出身の学者連が真面目に議論しています。滑稽な感じもします。私事ですが、転勤の各地でスナックのお世話になりました。憂さ晴らしをしました。土浦、甲府学芸大学、川崎、函館のお店のママにはわがままをしました。実際、スナックで知り合った人のお陰で人生の道筋も変わりました。今の若者がこのような「夜の社交場」を知らないのは勿体ないです。つかずはなれずの関係がスナックの本質であることを改めて理解しました。備忘します。

日本の夜の公共圏:スナック研究序説

日本の夜の公共圏:スナック研究序説

…人口あたりの件数となると様相が一変することとなる。大人口比でのスナック件数は、上から順に、①宮崎県、②青森県、③沖縄県、④長崎県、⑤高知県、、⑥大分県、⑦鳥取県、⑧秋田県、⑨山口県、⑩佐賀県となっている。九州方面スナックが多く、また西高東低の傾向が強いことが見て取れるだろう。ページ17
議論好きの高慢な人々を意味嫌い、柔らかで色好みの通を称揚する態度こそがそこにはある。これこそが夜の巷に遊ぶスナック紳士のプロトタイプとでも言うべきものだろう。ページ20
燦然たる「理性」一辺倒ではない、夜の帳の中での密やかな「公共軒圏/公共性」の可能性が、スナックの中にはあるのではないか、それこそが夜の公共圏と言う言葉を冠した本書を持って編者が示そうと試みたものである。ページ22
…奥さんと2人で行ける店とか女の人が気楽に入れる店は大体フレンドリーなんです。ページ30
店舗の名前は実は資料があって1番多いのは「さくら」って店らしいですよ、次が「あい」で、その次が「はな」。「ライムライト」は119件です。ページ32
どうも創世記のスナックは、新しい風俗であり、また様々な類型があったため、物語性を描いた抽象的な空間として捉えられていたらしい。ページ181
…束の間に席を並べた人同士が語り合い、ひとときを共にした後は、別々に帰っていく。そうした社交の魅力がスナックの特性である。ページ182
いわゆる郊外のベッドタウンのような地域にはスナックはあまりなく、昼間、住民が他の街に出て行かない街にはスナックが多いという傾向が見受けられる。後者には2つのパターンがあり、1つは大都市で昼間は住民だけでなく、他の地域からも通勤、通学で多くの人が流入する街であり、もう一つのパターンは、第一次産業を中心とする町村である。…どちらかと言うと財政的に厳しい地域にスナックが多いということである。…スナックの多い地域は相対的に財政が厳しい傾向にあるため公共施設の数が少ないこと自体は当然考えられることである。重要なのは、いわば「昼の社交場」ともいえるこうした施設の少ない地域に「夜の社交場」であるスナックが多く立地しているということである。ページ196
…スナックの件数が多い地域ほど刑法犯罪認知件数が少ない。具体的には他の条件が一定の時に、スナックが10軒多い地域の刑法犯罪認知件数は他の地域と比較して約46軒少ないのである。第二にスナックが認知件数に与える影響は、その地域の夜間光量によって変動する。明るいエリアにあるスナックよりも、暗いエリアにあるスナックの方が刑法犯認知件数に与える影響が大きくなるのだ。ページ199
分析の結果から、昼の図書館、そして夜のスナックと言う2つの社交の場は、地理的にはいわば相互補完的に立地しており、どちらも公共圏とされる。ページ201

原発事故10年目の真実

原発事故10年目の真実」を読みました。菅直人氏から長島彬先生への謹呈本をお借りしました。ソーラーシェアリングの発案者、長島彬先生の名前が何度も出てきます。これまで、菅直人元首相の大震災後の原発事故に対する処置に疑問を抱いていました。例えば震災直後に現地を訪れることが必要だったのか、浜岡原発の超法規的な停止などです。十年経って、多少「盛っている」部分はあるにしろ、必要性や苦渋の決断の連続だったことを理解しました。政治とは難しいものだと実感しました。
「ソーラーシェアリングを活用すれば日本が必要とする電力の全量の発電が可能だということがわかった。ページ5」。ソーラーシェアリングで再生可能エネルギーの大半を得て、水素エネルギー社会を実現したいというのが本書の骨子です。異論ありません。備忘します。

原発事故 10年目の真実 始動した再エネ水素社会

原発事故 10年目の真実 始動した再エネ水素社会

  • 作者:菅 直人
  • 発売日: 2021/02/25
  • メディア: 単行本

そこで総理大臣として福島原発事故に直面した政治家の責任として、日本の原発をゼロにすることを総理大臣退任後の政治活動の中心にすると決意した。そして同時に原発をゼロにしても、CO2を排出しないで日本が必要とする電力を日本国内に受給できる方法を考えた。その結果、ソーラーシェアリングを活用すれば日本が必要とする電力の全量の発電が可能だということがわかった。ページ5
太陽光発電が伸びたのはFITにより、太陽光発電事業の採算が取れるようになったからだ。…今後は、耕作を続けながら農地を活用して太陽光発電をするソーラーシェアリングを普及させれば、理論上は、日本の電力消費量を全て再エネ発電で賄うことも可能である。ページ35
この広い土地の確保と言う困難な制約を突破する道を開いてくれたのがソーラーシェアリングだ。…私がソーラーシェアリングの存在を知り発案者の長島彬氏に初めて会ってから10年近くになる。ページ87
ファードウの岩井社長は、もともと農業機械を販売していた人で、農家とは長い付き合いがあった。農家では若い人が後を継いでくれないために、農地が耕作放棄地のようになる例も多かった。岩井社長はそうした土地を次々と借りて温室を立て、その屋根に太陽光の約半分が投下するシースルー型ソーラーパネルを設置した。ページ94
経済的に原発に依存してきた立地自治体へのフォローも必要だが、電力会社に対しても、「やめろ」「やめろ」と言うだけでなく、彼らが廃炉しやすい法的な環境設備が必要だと考えた。そこで提案したのが、「原発の一時国有化による全原発廃炉政策」だ。全原発廃炉が決まれば、再稼働のための莫大な投資も不要とされる。ページ120
2号機では水素爆発が起きなかった。隣の1号機の爆発で、建屋の一部が破損し、水素が内部に留まらなかったからだ。しかし、3月15日に何らかの理由で格納容器が損傷した。私はこれを「神の加護」と言っている。「奇跡」と呼んでいる人もいる。なぜ「御加護」「奇跡」なのかというと、その損傷の仕方が、爆発して粉々になるというものではなく、格納容器のどこかに亀裂が入ったか穴が開いたおかげで、そこから空気が抜けて、爆発を逃れたからだ。…格納容器が大爆発して大きく破壊していたら、東京含めた首都圏も避難対象区域になっていたかもしれないのだ。ページ136
私の見るところ、福島第一原発廃炉にして、更地にするのは、少なくとも100年以内には不可能だ。福島の方には申し訳ないが、現実的に考えれば、チェルノブイリのようにあの場所で封じ込めるしかないと思う。ページ140
原発の是非はいわゆるイデオロギーの問題ではない、合理的に考えることができるか、それとも目先の利害にとらわれて将来に禍根を残すかの選択である。ページ191

ボードレール・ランボー

ボードレールランボー」(週間朝日百科 世界の文学17)を読みました。19世紀末の象徴詩の叙述です。ボードレールランボーも若い頃、憧れていたものの読んだことはありません。難解で読み進められなかったのでしょう。ボードレールは「悪」、ランボー「太陽」だとのこと、これからも私には理解できないかもしれません。私の高校の卒業文集の冒頭は「日も暮れよ、鐘も鳴れ 月日は流れ、わたしは残る」でした。アポリネール「アルコ ール」[堀口大學訳]「ミラボー橋」からの引用です。本当に分かっていたのかと冷や汗が出ます。
f:id:tao-roshi:20210306172007j:plain

いのちのかぞえかた

「いのちのかぞえかた」を読みました。絵本です。一生のうんちの量、10トンとか、普段考えない視点で語っています。特に生涯出会える人の数は5万人程度なんでしょう。テレビやSNSで錯覚しているのかもしれません。備忘します。

いのちのかぞえかた

いのちのかぞえかた

  • 作者:小山薫堂
  • 発売日: 2010/10/16
  • メディア: 単行本

毎日地球のどこかで、22万人の赤ちゃんが生まれています。そのうちの1人…あなたにそっくりな彼女がこの物語の主人公です。
その歯で彼女は、生きてるうちの3年半を費やし、38トンの食物を噛みます。そのうちの15%がお米で、3%が卵。そして6頭の牛が、彼女の胃袋に収まります。
彼女は生涯、5万人の人と会い、3000人の名前を覚えます。そのうち名前と顔一致させられるのは300人。友達と呼べる人は30人。そして親友は3人です。
悲しいことに、最初に付き合った彼と結婚できる確率は6.7%しかありません。
生きてるうちに16ヶ月を彼女は、泣くために費やします。涙は1粒0.035グラム。悲しむたびに30粒の涙を流し、一生分の涙は190万粒を数えます。
彼女は一生で38万4,000円分のブラジャーを購入します。それを5人の男性が外して、そのうちの1人と結婚します。
彼女は死ぬまでに787回、嘘をつきます。(でも彼は彼女よりも392回多く嘘をつきます。)

デュマ・ルブラン

「デュマ・ルブラン」(週間朝日百科 世界の文学16)を読みました。作家の名前は不確かですが、作品は有名です。この時代、新聞小説が大衆の娯楽になり、小説家という職業が成立しました。デュマは「三銃士」、ルブランは「怪盗ルパン」、他に、マロ「家なき子」、ルルー「オペラ座の怪人」が、19世紀末の傑作です。「アルプスの少女ハイジ」はスイス生まれのヨハンナ・シュピリーナの作品です。都会の近くに生まれ、都市で生活しながら、田舎に理想を求めた作品だとのことです。
f:id:tao-roshi:20210226134353j:plain

ドストエフスキー・トルストイ

ドストエフスキートルストイ」(週間朝日百科 世界の文学15)を読みました。「罪と罰」を若い頃に読んで感動した記憶があります。「カラマーゾフの兄弟」は途中で挫折しました。「戦争と平和」は抜粋版で読みました。当時、宗教観や革命の考え方は全く理解できませんでした。今、あらすじや意味の解説を読むと再読の価値があるかもしれません。「ニヒリズムというと、19世紀ドイツの哲学者ニーチェを連想する人が多いが、この言葉自体はツルゲーネフからでていたのである」(ページ3-140)
f:id:tao-roshi:20210217112736j:plain