ウェルビーイングがありました

「むかしむかしあるところにウェルビーイングがありました」を読みました。先週、神奈川大学の小倉教授からSDGsのレクチャーを受けました。説明の中で、「SDGs③は英文では【Good Health and Well-Being】である、これを【すべての人に健康と福祉】と訳しているのは誤りである」との指摘がありました。確かに「満足と幸福」を「福祉」と訳すのには無理があると感じました。その時に「ウェルビーイング」という言葉をはじめて強く意識しました。
そんな中、株式会社クラブビジネスジャパンで本書の読書会を行うとの告知があり、早速購入して、読んでみました。
著者の「お年寄りのロールモデルを作っていくことが必要」に賛同します。「枯れてたまるか」に影響されて生きている私自身が生涯現役のロールモデルではないかと思います(笑)。実は、67歳にして、未だワクワク感や好奇心を失わない自分に驚いています。また、「たまたま生まれた縁によって人生がガラリと変わり、そこから運命が展開していく」その通りです。その指摘は経験的に全く正しいです。
古事記」愛好家から一言。本書では「する」でもなく「なる」でもなく「いる」と述べています。しかし、丸山眞男によれば、世界の創世神話には、「つくる」「うむ」「なる」の三つがあって、古事記の場合、「なる」が古層にあり、それは、主体を必要とする「つくる」や「うむ」とは違うと述べています。備忘します。

あるやり方が合う人もいれば、合わない人もいる。これがウェルビーイングの前提であり、っやこしさです。P.14
さらに長いスパン、人生としてのウェルビーイングを見るならば、過去を振り返ったあときに良かったなと思えて、この先の未来を見据えたときに楽しそうだなと思える、というのが…ウェルビーイングです。P.17
シンプルに圧縮するならば、「満足」と「幸福」の二つが揃えばおおむねウェルビーイングであろうと考えられているわけです。P.34
…日本的ウェルビーイングの原型は「ゼロに戻る」にあると考えています。P.42
日本の文化にはNobodyとNegativeを愛でるという特徴がある。存在しないものを讃え、否定を受容する歴史を積み重ねてきた精神性が、日本的なウェルビーイングにも繋がっている…p.49
西洋の「上」を目指す思考とは対照的に、日本の思想・文化は古来ずっと「奥」に重きを置いてきた 。「もっと上へ」ではなく「さらに奥へ」の精神性が日本らしさである。P.69
今よりももっと良い人生があるはずだ。そうした思考は確かに前へと進む足がかりにはなりますが、前や上ばかりを見ているとすぐ目の前、今日一日のことを人間はおろそかにしてしまいがちです。…いつでゼロに立ち戻っていける自分を積み重ねていく日々にも、十分に価値がある…p.82
ただ、「いる」ことに価値がある。日本的ウェルビーイングの可能性を探究していく上で、この概念は非常に重要なポイントです。P.94
ウェルビーイングを手に入れようと思ったら、まずは持っているものを手放そう…p.108
…本気で人生を楽しもうと思ったら何かにワクワクを感じられる好奇心がないと。P.139
お年寄りのロールモデルを作っていくことが必要かな…若いときはいきいきとして素敵だったけど年を取ったら老いぼれてしまった、という世間の加齢へのイメージを変えていきたいんですね…p.146
ウェルビーイングは「因果」よりも…「因縁」に近いものだろうと感じています…人は周囲の人やものとの繋がりによって生きています。たまたま生まれた縁によって人生がガラリと変わり、そこから運命が展開していく。P.152
「自分より大切なものを見つけてください」p.164
人生が展開していくウェルビーイングなご縁とは何か?ひとつの仮設が「移動の多様性」です。P.168
…在宅や会社よりも近所のカフェで仕事をした方が、仕事へのエンゲージメントが高まる…p.174
…いろんな場所で遊んでいる人はウェルビーイングが高い…p.176

老人の美学

筒井康隆「老人の美学」を読みました。85歳の著作です。人は皆老いる、老いを恥ずかしがることはないのに、若者たちに嫉妬することもないのに、つい、イライラしてしまいます。老いても役割を見つけて淡々と処世するのは案外難しいです。読みながら筒井氏にあこがれている自分に気づきました。やることが山積みの毎日は幸福だと気づきました。
「子供叱るな 来た道じゃ/年寄り笑うな 行く道じゃ/来た道 行く道 ひとり旅/これから通る きょうの道/通り直しの できぬ道」永六輔氏が「大往生」で紹介していました。

退職してから再就職した先の、小さな同社の企業にいる人が仕事を頼みにやってくることもある。…昔は一緒によく仕事をしたからというだけであまりこういう行為はしないほうがいいだろう。さすがに仕事をくれと言ってくる人はあまりいないだろうが、どちらにしろ、明らかに老人の美学には反する行為である。ページ58
昔の知人に会いたいと言う気持ちは昔の自分に戻りたいと言う願望でもあろうか…ページ61
…仕事をしなくて済む境遇になった人の仕事は、孤独に耐えることである、といってもいいだろう。ページ73
わがまま、頑固、怒りっぽさというのは、老人なら誰にでも起こりえる負の感情だ。これを無理に押し殺さないほうがいい。インテリであればあるほど、こういう感情を非人間的なほどの強い自制心で押し殺そうとするが、これは爆発する。…「なんちゃってとか」ちょっと人を驚かせてから安心させるわけだが、これが身に付くと魅力的なちょいワル老人としてみんなから好かれるだろう。ベージュ86
妻の愚痴に付き合いなさい。とことん聞いてやりなさい。その時に、こうしたらいいとか、自分ならどうするとかいった、自分の意見を絶対に言わないように。つまりそんなものを求めているのではなく、聞き手を求めているのだ。黙って我慢して最後まで聞くことだ。ページ107
外出する時、できるだけ見きれいにする。ただでさえ老人は汚く見られがちだというので、清潔な服装を心がけ…ページ128
一般に誰にでも納得してもらえるのは、長生きすれば老衰で死ぬことになり、その方がまるで眠るように死んでいくということができ、若くして病気などで死ぬよりもずっと苦痛が少ないから、という誰もが望む死に方になるからだろう。ページ136
重度の認知症にもならず、まだ頭がはっきりしている時は、立ち居振る舞いや姿勢に気をつけておくべきだ。老人になると、意識せずして前かがみになっていたり、とぼとぼ歩きをしたりしているものだが、舞台に立っていたときの延長で、立ち居振る舞いを美しく、声を正しくと心がけていて、これは今でも続けているし、ときには人から感心して指摘されたりもする。ページ138
人生の最晩年を不機嫌に過ごすか、楽しく陽気に迎えるかもあなた次第なのである。ページ154

手塚治虫とっておきの話

手塚治虫とっておきの話」を読みました。「火の鳥」は私の考えのベースです。生あるものは必ず滅びる、形あるものは必ず壊れることを手塚治虫氏に教えてもらいました。
前半は、子供の頃、医学生の頃、駆け出しの漫画家の頃の話からはじまり、ジャングル大帝鉄腕アトムなど、作品の秘話やヒゲオヤジ、ヒョウタンツギなどのキャラクターの逸話が述べられています。後半は、奥様とのお見合い、結婚生活、虫プロ倒産事件、トキワ荘の顛末など天真爛漫な手塚治虫がよくわかります。「生命を大事にしよう」という手塚治虫氏メッセージは、現在の漫画「毀滅の刃」にも伝わっています。手塚治虫の前に手塚なく、手塚治虫の後に手塚なし、とつくずく思います。備忘します。

…青春とは何かとあるけれど、見果てぬ夢なんです。ページ18
漫画の本質については、いろんな人が書いていますが、僕は次の3つだと考えます。まず第一は批評精神が基調になっていると言えること。… 2番目に、…漫画が大衆の中から生まれ、雑草文化として育ったのなら、むしろ…美しさや上品さは逆効果なのではないでしょうか。最後に、やはり漫画は漫画であり、ただの絵画やイラストとは区別したいのです。と言う事は、笑いやユーモアが絶対に不可欠だということです。ページ46
外国人は漫画を読まないのは、向こうの国に手塚治虫がいなくて、日本人が漫画を読むのは日本に手塚治虫がいたからだという事は当然すぎているから、手塚治虫さんがなくなるまで気がつかなかったことであった。ページ144
子供が好きな文化である映画とかテレビとかの視覚文化を通して、手塚治虫は、メッセージを伝えようと試みた。そのメッセージとは「生命を大事にしよう」という生命の尊厳に関わる主張であった。…この「生命を大事にしよう」というメッセージは、さらに4つのテーマに分けて書き込まれていく。それは、「自然の保護」、「生き物への賛歌」、「科学文明への疑い」、「戦争反対」であって、これらは、それぞれの作品に、ときには濃く、ときには柔らかく、そしてときには激しく、また優しく脈打っている。ページ148

チェーホフ

桜の園、三人姉妹」(週間朝日百科 世界の文学63)を読みました。私はロシア文学が好きでないことを再認識しました。ヘンに真面目で物語に入り込めません。記述の中でチェーホフが、ドストエフスキートルストイから遅れてでた小説家だということを知りました。当時のロシアが飢餓や革命で騒然としていることは知っていましたが、同時に経済の大発展時期で、資本家たちがメセナとして芸術家を強力に支援していたとは全く知りませんでした、意外です。以前、岩男海史君がでていた新百合ヶ丘の芝居は「三人姉妹」だったような記憶があります。没落貴族の話でした。あんまり面白くありませんでした。f:id:tao-roshi:20210906194452j:plain

ペストの記憶

 デフォー「ペストの記憶」をNHKオンデマンドの「百分で名著」で、視聴しました。昨年、コロナ禍がはじまったときに、カミュの「ペスト」を読みました。そして今回、デフォー「ペストの記憶」で、ロンドンでのペスト蔓延の顛末を知りました。1685年、飲食店の自粛要請や、宴会の禁止、住民封鎖もに実際に行われていました。今と同じです。また波状的に感染拡大と縮小を繰り返す事象に一喜一憂するマスコミや私たちの心理状況も克明に描いています。コロナが終息した後どうなるのか?示唆に富んだ内容でした。
今回のパンデミックを記録だけでなく、人類の記憶に残し、未曾有の災禍に対する免疫を次世代に伝える必要があると思いました。備忘します。

デフォー「ペストの記憶」①パンデミックにどう向き合うか
デフォーは「ペストの記憶」の中で、疫病が流行している時、どのような心構えが必要かについて入念に記している。デフォーはベストを肉体的な病気として見るのではなく、その精神的な影響にも注目していたのだ。その認識は、作品の各所で描かれ、この作品の文学的な価値を高めている。第一回は、パンデミックの前に、人はどのように精神の健康を保つことができるのだろうか。生作品を読み解きながら考える。
デフォー「ペストの記憶」②生命が生計か?究極の選択
「ペストの記憶」の冒頭で語り手のH.F.はベストを逃れるために田舎に疎開するべきか、商売のためにロンドンに残るべきか悩む。他にも疫病の蔓延を防ぐことと、経済活動を維持することの矛盾は、本書の至るところに見て取れる。それらの描写は、まさに新型コロナウィルス禍の中で世界中の人々が直面している問題と重なる。第二回は、パンデミックの最中で人間はどうやったら、生命の安全と経済を両立できるのかを考える。
デフォー「ペストの記憶」③市民の自由
「ペストの記憶」で主人公は、ロンドンの両政府がいかに手際良くベストに対処したかを褒める一方、感染を出した家屋の封じ込めや、ロンドンからの逃亡者への厳しい措置が生んだ悲劇も記されている。その上で、行政が市民の体を管理する、と言う近代的な政治のあり方について鋭く問いかける。第3回は、パンデミックに対して、行政府の政策はどこまで有効で、どのような問題をはらんでいるのかを考える。
デフォー「ペストの記憶」④記録すること、記憶すること
ペストの記憶」は実際にあったベスト流行について、リアルに再現した記録文学であるが、同時にフィクションとしての魅力も備えている。デフォーは、どうしてこのような形で記録したのか。そこには後世の人々の記憶に残るように事件を記録する方法を考え抜いたデフォーの思いが込められている。第4回は、パンデミックなどの大災害についていかに記録し記憶すべきなのかを、作品全体を通した作者の筆致から考える。

パンセ

 パスカル「パンセ」をNHKオンデマンドの「百分で名著」で観ました。「パンセ」は、断章なので順を追って読む必要はなく、たまたま開いたページを読むので十分だそうです。テレビ番組ですので、たくさんのフィルターを通っています。ピックアップが恣意的であることを覚悟で視聴しました。
 「どうせ、そんなもんさ」「どうだ、凄いだろう!」は思考停止の状態です。相手の立場や、全体から見た場合など視点を変え、直感を混えて、考え続けることが大切だと痛感しました。成果を求めて、考えると疲れます、途中で投げ出すことが度々です。パスカルはそんな人間の弱さを見通しています。仕事が未完成で、結果がでなくても、その過程で考え続けることに意味があると大いに励まされました。
 「人間は一本の葦にすぎない。自然の中で最も弱いもののひとつである。しかし、それは考える葦なのだ。人間を潰すためには、全宇宙が武装をすることはない、一滴の水でさえ人間を殺すに足りる。しかしたとえ宇宙が、人間を押しつぶしたとしても、人間は宇宙よりも気高いと言える。なぜなら人間は自分が死ぬことを、宇宙の方が自分よりはるかに有利であることを知っているからだ。宇宙はこうしたことを何も知らない。だから、私たちの尊厳は、すべてこれ、考えることの中にある。私たちは、考えるというところから立ち上がらなければならないのだ。故に、よく考えるよう努力しよう。ここに道徳の心理があるのだ。」
【要約】
生きていると「選択」に迫られることがありますが、それは「偶然によって左右される」と身も蓋もない言葉を残しています。職業選択であれば「習慣」(環境)が職業をつくるので、誰でも、どの職業にも向いています。一生懸命、忙しくしていれば、適職になります。家で、何もしないで、じっとしているのが一番良くありません。「我々の本性は運動の中にある。完全な静止は死である。」と。
「自己愛の本質とは、自分しか愛さず、自分しか尊敬しないことだ。」人間は、自分の虚栄を満たすために自分の欠点を覆い隠そうと全力を尽くします。さらに、「褒められたい」「認められたい」というのが本性です。読書やブログ、SNS発信も「褒められたい」「認められたい」に根ざしています。でも、その虚栄心が、人間の成長や社会の発展の原動力になっているのも事実です。
私たちの不幸の原因は。私たちの宿命である「死」に対抗することができないことです。死を運命づけられた人間の固有の不幸です。趣味や賭け事や会話に耽るのは、不安で、ただ家にじっとしていられないからです。何かに熱中するしか解決方法はありませんが、「考えること」に熱中するのがいちばん良いです。「人間と言うものは、どう見ても考えるために作られている。人間の価値の全て、その義務の全ては正しく考えることにある。」
デカルトパスカルとは、真逆の考え方です。すなわち、①人間の理性は、万能である⇔限界がある、②世の中は、全てに原因と結果がある⇔偶然により左右される、③迷ったら、データ重視⇔ときには直感、と両者は考えました。現代は、デカルトの思想で発展してきましたが、パスカルの思想が必要な時代になったのではないか、人間は理性で割り切れません。「人は皆変わる。過去の自分は、もはや同じ人間ではない」未完成でも考えて続けることにこそ意味があることです。

パスカル「パンセ」第1回 人生は選択の連続だ
人生に選択がつきものだ。ではその選択はきちんとしたものだろうか。企業の就職人気ランキングは時代とともに変わるが、それは社会の空気によるともいえる。パスカルは人間の判断は環境や習慣などの外的要因に大きく左右されるとした。また人間の願望には限りがなく、常にこの選択で良いのかと悩み続けるとも記した。流されやすく欲深い…それが人間の本性なのだ。第1回では、思考にはどんな弱点があるのかを考える。
パスカル「パンセ」第2回もっと誰かに褒められたい
人間の願望は自己愛に源を発している。自分を認めて欲しいと言う思いが、生きる原動力になっている。しかし自己愛は、ときには自慢や嫉妬、羨望を生んでしまう。また人間は、自己愛によって現実をきちんと直視できないことが多い。耳の痛い真実は、身分の上下に関係なく、あらゆる人を傷つけるからだ。パスカルは、人間の考える事は常に自己愛によって、歪んでいるとした。第2回では、人間の自己愛ついて解き明かしていく。
パスカル「パンセ」第3回 生きるのが辛いのは何故か?
趣味もなく仕事もない状態で部屋に閉じこもっていると、気分が沈んでいくだろう。人間は考えることをやめることができない。だから何もしないでいると思考が空回りして、かえって苦しむのだ。パスカルは、人間は何かに熱中していないと生きられないとした。そして人間が何かに熱中するのは、やがて訪れる死の恐怖から目をそらし、死を忘れるためだとパスカルは述べた。第3回では、私とは何か、生きるのが辛いのはなぜかを考える。
パスカル「パンセ」第4回 人間は考える葦である
最終回はゲストとして分子生物学者の福岡伸一さんを招く。福岡さんはこれまで科学の限界を痛感してきた。世界には複雑な要素があまりにも多く、すべての因果関係を突き止める事は不可能ともいえるからだ。「パスカルは”人間にはわからないことがある”という事実を前に、人間のおごりを戒めた」と福岡さんは言う。原発事故など人間の理性の落とし穴が明らかになった今、私たちが忘れてはならない事は何なのかを語り合う。

幸福論

 アラン「幸福論」をNHKの「百分で名著」で観ました。テレビ番組ですので、たくさんのフィルターを通っています。原典からやや離れてしまうことを覚悟で視聴しました。「はじめに行動があった」(アンドレ・モロア)は私の愛読書ですが、その本の中にもアランの名前が何度も登場します。両者とも「なんぴとも行動なしに意欲することはできない」と言ってます。モロアの先生がアランだということがよくわかります。
 幸福になるにはどうしたらよいか? アランによれば、「①幸福を望んで、②体操して、③よく笑って、④礼儀正しく、④自分で決めて行動する」と幸せになれると述べています。私はほぼ実践しているので、とても幸せです。
 幸福論は不幸論でもあります。不幸を知らなければ幸福にはなれません。嘆くより不幸の原因をつかむことを薦めています。人間は肉体的存在なので運動や笑いが必要だと説いてます。「幸せだから笑うのではなく、笑うから幸せなのだ」と。
 情念(喜怒哀楽)をコントロールするのはとても難しい、想像の中で、情念は増幅してしまいます。でも強い意志の力で克服できます。「悲観主義は感情で、楽観主義は意思の力である、努力して行動しなければならない」「ほしいものは全てそこにある山のようなものである。わたしたちを待っており逃げ出したりはしない。だが、それゆえよじ登らなければならない」主体的に努力しなければ幸せにはなれないと説いています。
 周りの人に対して「礼儀正しさ」が幸福をもたらします。「礼儀正しさ」は訓練によって自然なものに変えていくことができます。自分に対して無作法な人間は、自分も大切にできません。人間関係に行き詰まったら「自分のことを考えるな、遠くを見よ」、ありのままの相手を認めることが大切です。
 自分が幸せになることで他人を幸福にできます。周りの人のためにも幸福になることを望まなければいけません。「幸福になることは他人に対しても義務であることは十分に言われていない」「幸福が未来のなかにあるように見えるときは、よく考えてみるがいい。それは、つまりすでに幸福をもっているということなのだ。希望すること、それは幸福であるということなのだ」

 それにしても解説の明治大学、合田教授は神経質そうで幸福にはみえませんでした。備忘します。

アラン「幸福論」第一回「人は誰でも幸福になれる」
不幸を嘆き悲しみ、他人や社会のせいにするのはたやすい。しかし憐憫からは何も生まれないとアランは述べる。そして幸福を得る方法としてはまず大事なのは、不幸の原因を見つめ、対処法を見つけることだという。そしてアランは気分が沈まないようにするため、意識的にあくびや背伸びをして気分をリラックスさせると良いと語った。第一回では誰にもできる幸福へのメッセージを開設、負の感情にとらわれないようにする術を学ぶ。

アラン「幸福論」第2回「人生の主役になる」
アランは幸福の例として芝居を上げる。つまらない芝居を見ると退屈だが、自分が芝居に出るときは退屈しない。だから幸せになりたい人は舞台に上がらなくてはならないという。幸福を得るためには人生の主役になって、前向きに努力することが何より大切だ。もちろん努力は苦しいことでもある。しかし人は苦しさを乗り越えた時こそ、幸福を感じる。棚ぼた式の幸せはありえないと新アランは記した。

アラン「幸福論」第3回「ダンスのように人と付き合う」
礼儀を知らない人は良い人間関係を築けない。そのため人は礼儀を学ぶ必要があるとアランはいう。アランは礼儀とはダンスのようなものだとした。規則だけを覚えても、自然に動けるようにならなくては、ダンスにはならない。過剰に意識するのではなく、半ば無意識のうちに相手に敬意を払えるようになること。それが礼儀だと説いた。ありのままの相手を受け入れる広い心を持つこと、それも幸せには大切なことなのだ。

アラン「幸福論」第4回「幸福になる事は義務である」
幸福論の終盤でアランは幸福とは義務であると結論づける。一人一人が幸福であろうと決意することが、社会全体をより良くするとアランは考えたのだった。最終回では幸福論のファンだと言う医師、鎌田實さんをスタジオに招く。震災など社会全体が未曾有の困難に直面している今、アランの言葉をどう受け止めるべきか。幸福は人の徳だと位置づけたアランの真意に迫り、私たちの人生の指針とする。