いのちのかぞえかた

「いのちのかぞえかた」を読みました。絵本です。一生のうんちの量、10トンとか、普段考えない視点で語っています。特に生涯出会える人の数は5万人程度なんでしょう。テレビやSNSで錯覚しているのかもしれません。備忘します。

いのちのかぞえかた

いのちのかぞえかた

  • 作者:小山薫堂
  • 発売日: 2010/10/16
  • メディア: 単行本

毎日地球のどこかで、22万人の赤ちゃんが生まれています。そのうちの1人…あなたにそっくりな彼女がこの物語の主人公です。
その歯で彼女は、生きてるうちの3年半を費やし、38トンの食物を噛みます。そのうちの15%がお米で、3%が卵。そして6頭の牛が、彼女の胃袋に収まります。
彼女は生涯、5万人の人と会い、3000人の名前を覚えます。そのうち名前と顔一致させられるのは300人。友達と呼べる人は30人。そして親友は3人です。
悲しいことに、最初に付き合った彼と結婚できる確率は6.7%しかありません。
生きてるうちに16ヶ月を彼女は、泣くために費やします。涙は1粒0.035グラム。悲しむたびに30粒の涙を流し、一生分の涙は190万粒を数えます。
彼女は一生で38万4,000円分のブラジャーを購入します。それを5人の男性が外して、そのうちの1人と結婚します。
彼女は死ぬまでに787回、嘘をつきます。(でも彼は彼女よりも392回多く嘘をつきます。)

デュマ・ルブラン

「デュマ・ルブラン」(週間朝日百科 世界の文学16)を読みました。作家の名前は不確かですが、作品は有名です。この時代、新聞小説が大衆の娯楽になり、小説家という職業が成立しました。デュマは「三銃士」、ルブランは「怪盗ルパン」、他に、マロ「家なき子」、ルルー「オペラ座の怪人」が、19世紀末の傑作です。「アルプスの少女ハイジ」はスイス生まれのヨハンナ・シュピリーナの作品です。都会の近くに生まれ、都市で生活しながら、田舎に理想を求めた作品だとのことです。
f:id:tao-roshi:20210226134353j:plain

ドストエフスキー・トルストイ

ドストエフスキートルストイ」(週間朝日百科 世界の文学15)を読みました。「罪と罰」を若い頃に読んで感動した記憶があります。「カラマーゾフの兄弟」は途中で挫折しました。「戦争と平和」は抜粋版で読みました。当時、宗教観や革命の考え方は全く理解できませんでした。今、あらすじや意味の解説を読むと再読の価値があるかもしれません。「ニヒリズムというと、19世紀ドイツの哲学者ニーチェを連想する人が多いが、この言葉自体はツルゲーネフからでていたのである」(ページ3-140)
f:id:tao-roshi:20210217112736j:plain

ルイスキャロル・アンデルセン

「ルイスキャロル・アンデルセン」(週間朝日百科 世界の文学14)を読みました。産業革命の大変革の中、未来の象徴の子供に感心が集まり、児童文学が英国を中心に花開きました。生意気な「不思議な国のアリス」、「人魚姫」「ピーターパン」など、うろ覚えの物語を楽しく思い出しました。あちこちで見かけるイラスト、ミルン「クマのプーさん」ポッター「ピーターラビット」もこの時代の作品です。ストーリーも作者のこともはじめて知りました。
f:id:tao-roshi:20210215143514j:plain

カフカ・ホフマンスタール

カフカホフマンスタール」(週間朝日百科 世界の文学68)を読みました。「ペスト」とともに不条理文学の傑作「変身」の背景を知りました。カフカは、ドイツ生まれのユダヤ人です。生前は有名な作家ではなく、死後30年経って実存主義の花形となりました。安部公房の作品にも大きな影響を与えていると思います。20世紀のはじめに現代の管理社会や孤独を描いています。おそるべき先見性だと思います。思わず「変身」を読み終え解釈に迷いました。感想を備忘します。
f:id:tao-roshi:20210214183526j:plain

カフカ「変身」を読みました。不条理小説の傑作と言われてます。いつか読もうと思ってました。読後、正直なところ小説の意味がつかめませんでした。
主人公グレゴールはある日ベッドで目を覚ますと自分の姿が「虫」になっていた。部屋のドアを開け、変わり果てた姿で家族と対面したグレゴールの数ヶ月の物語が始まる…衝撃的な書き出しです。
家族の驚きと本人の平静の中、家族は、恐れや世間体の悪さからグレゴールを「人間」から「虫」に認識を変化させます。そして厄介者として排除しました。「虫」が死んで、明るく幸せな日常がはじまる。これは不条理です。あれほど家族思いだったグレゴールに何たる仕打ち!
あえて意味を述べれば、人間は言葉で意思を正しく伝えることができなければ、他人に誤解されてしまいます。転じて、ネット世界の「炎上」に通じるものがあるかもしれません。管理社会の孤独を教えてくれているのかも知れません。
この小説の解釈をこれからも続けていきたいと切に望みます。私自身の存在意義の問題だと直感しています。

コナンドイル・スティーブンソン

「コナンドイル・スティーブンソン」(週間朝日百科 世界の文学13)を読みました。英国の推理小説が満載です。シャーロックホームズ、アガサクリスティ「オリエント急行殺人事件」、ドラキュラ、「ジキル博士とハイド氏」などなど…映画やドラマでおなじみのキャラクターの原作がよくわかりました。19世紀後半に小学校が無償化され、識字率が高まったことにより、娯楽小説の全盛を迎えました。
f:id:tao-roshi:20210213142733j:plain

デイケンズ・ブロンテ姉妹

「デイケンズ・ブロンテ姉妹」(週間朝日百科 世界の文学12)を読みました。ディケンズ「荒涼館」サスペンス仕立てのあらすじを知りました。法曹界の堕落物語です。ブロンテ姉妹の「ジェイン・エア」「嵐が丘」は女子供の好きな小説との認識でしたが、女性の覚醒と自立を描いた成長小説だとは知りませんでした。三姉妹の実際の人生は不幸でしたが、一人残った長女シャーロットが晩年、結婚してよかったと思いました。大政治家ディズレイリが小説家だったとは!

f:id:tao-roshi:20050828194114j:plain
ブロンテ姉妹の住まい