30の神社から読む日本史

「30の神社から読む日本史」を読みました。この本は神社巡りの手引き書ではありません。神社の由緒なども若干触れていますが、神社をきっかけに当時の日本史を語るという本です。付帯の知識として楽しめました。この本に取り上げられている神社のうち、すでに3分の2は訪れています。最近行く神社はよく調べてから参詣しますが、若い頃に行った神社は何も知らずでしたので「へー!」「なるほど…」がたくさんありました。

30の神社からよむ日本史 (日経ビジネス人文庫)

30の神社からよむ日本史 (日経ビジネス人文庫)

それぞれの神社について要約と感想を述べておきます。
北海道神宮は、開拓使との関わりが深く、明治になって統治を安定させるための装置であったとのことです。2年ほど前に参詣しましたが、外国のお客様(中国人)が多いので驚きました。あまり深みが感じられない神社でした。
塩釜神社は、天下取りの夢が叶わなかった伊達政宗が大事に保護した神社です。半年ほど前に参詣しました。非常に由緒のある神社に見えました。山の上にあり、下に見える松島湾が絶景でした。
神田明神日枝神社浅間神社は、それぞれ江戸幕府との関係が深いようです。浅間神社は、冨士山信仰で江戸にたくさんつくられたそうです。品川神社にもありました。明治神宮明治天皇崩御をきっかけに渋沢栄一の運動で創建されたとのこと、知りませんでした。若い頃に参拝しましたが、全く信心のないながら参りでした。
鶴ヶ岡八幡宮は、鎌倉幕府の歴史を語っています。実朝暗殺の舞台です。何度も行きましたが、観光のついででした。
鹿島神宮は3ヶ月ほど前に参詣しました。「要石」をゆっくり見てきました。何の変哲もない小さな岩です。本書ではこの「要石」の話が中心です。「鹿島神宮の要石は地中で地震を起こすナマズの頭を押さえるためのものであり、そのお陰でこの地域は地震の被害が大きくない…安政の大地震の衝撃から人々が立ち直り、復興に進んでいくなか、江戸ではナマズ絵が大量に版行されて人気を呼ぶ現象が起きていた。ページ104」水戸光圀が要石を掘り起こそうと思って何日も掘ったが、結局掘り起こせなかったとのこと。
日光東照宮は、徳川家康徳川家光です。若い頃何度も行きましたが見猿、言わ猿、聞か猿の彫刻を見て、派手だなあと思った記憶があります。
諏訪大社は、武田信玄、勝頼親子が厚く信仰した神社です。古事記にもでてくる有名な神社です。早回りでしたが、しめ縄の大きさ、美しさに驚きました。
熱田神宮は、信長が桶狭間の決戦にむかうときに戦勝祈願をした神社です。4年ほど前に言ってきましたが、観光神社という感じが強くて神様はいせんでした。
伊勢神宮は、本書では江戸時代のお伊勢参りの話が主です。伊勢講や御師の話です。私は2013年の遷宮の前と後に参拝しました。おかげ横丁も含め、さすが伊勢神宮は「神宮」といわれるだけの立派な神社です。神様がいます。
平安神宮は、明治の創建です。天皇が東京に移られたあと、さびれる京都の街を観光で支えようとの企てだったようです。私は修学旅行の時に行ったのではないかと思います。白い石がいっぱい敷かれている広大な神社だという印象です。

橿原神宮は、神武天皇を祀っています。明治になってからの創建です。5年ほど前に参拝しましたが、広大な敷地、広い参道、巨大な本殿に驚きました。
熊野三山は、熊野詣でです。白河上皇の参詣から盛んになり「蟻の熊野詣で」と称されるほどの流行でした。5年前に、本宮大社、速玉大社、那智大社を参詣しました。本宮は川の氾濫で比較的新しい建物だそうですが、古式ゆかしい立派な神社でした。那智の滝の最上部にしめ縄が張ってあったのをよく覚えています。熊野古道も歩きました。古木、大木に圧倒されました。
出雲大社については、江戸時代に造営費用をいかにして集めたかを解説しています。古事記の舞台である出雲については本書では触れていません。ここも5年ほど前に参詣しました。本殿に向かって下り坂と「四拍手」珍しい。稲佐の浜を見逃したのは実に残念です。
厳島神社といえば、平清盛です。戦国時代は毛利氏と陶氏の闘いの場でした。私は4年ほど前に参詣しましたが、たまたま水が引いてる時だったので海上の大鳥居の貝殻を見学してきました。しゃもじをお土産に買いました。
太宰府天満宮は、菅原道真です。新婚旅行の時に行きました。
宇佐神宮は、道鏡天皇になるのを阻止した神社で有名です。あまりにも広大な敷地で、歩きづくめでした。
他に、以下の神社を取り上げています。いつかいってみたいものです。
出羽三山松尾芭蕉の参詣、三囲稲荷…三越本店、乃木神社東郷神社秋葉神社秋葉原の起源、賀茂神社孝明天皇行幸、御霊神社…応仁の乱の舞台、愛宕神社明智光秀湊川神社楠木正成松陰神社長州藩金比羅宮…歌舞伎、水天宮…江戸にもある

地元経済を創りなおす

「地元経済を創りなおす」を読みました。町おこし、村おこしの本質を衝いています。自主独立でなければ継続しないことを強く主張しています。補助金交付金をバケツ(市町村経済)に注ぎ込んでも、たくさんの漏れ穴から流れ出て、結局、大都市に環流され「町おこし」の効果が出ない、だから雇用も生まれず、人口も減少するとの意見です。シャッター商店街、農業放棄地の問題も、著者の視点によれば「漏れ」問題となります。特にエネルギーの問題は重要で、水力やバイオマスによる地元でのエネルギー生産が死命を決するように思いました。結局は、「限界費用ゼロの時代」に書いてあったように、未来は「情報」と「エネルギー」と「輸送」の問題に帰結します。備忘します。

…いくらお金を地域に「ひっぱってくるか」「おとすか」ではなく「地域からのお金の流出を減らす」こと、つまり、「一旦地域に入ってお金をどれだけ地域内で循環し、停滞させるか」が大切なのです。ページ22
人も地域経済も、「まずは依存から自立へ。自立してこそ、相互依存という最も豊かな状態に向かうことができる」のではないでしょうか。人に頼りきっている状態は脆弱です。相手に翻弄されてしまうからです。今まさにそうなりつつあるように、地方への交付金補助金が減っていく時代、地域経済や地域の幸せの外部依存度を下げ、自給自足率を上げていくことが、地域のレジリエンス(しなやかな強さ)につながります。ページ25
地域経済を取り戻すためには、いったん地域に入ってたお金を滞留・循環させることで生み出される地域の富や豊かさに焦点を当てる必要があります。したがって、企業や家計の消費および投資の「域内」「域外」の割合を意識し、「域内調達」と「域内所得」と「域内消費」、そして「域内投資」の割合を増やす取り組みを重視します。ページ29
RESASには様々なツールがありますが、中でも、「地域経済循環マップ」は都道府県レベルと市町村レベルの経済の流れを大まかに把握できる優れたツールです。…RESASSには、全国の市町村についての産業連関のデータが用意されています。これは既存の統計データを用いた「地域経済計算」などを利用し、統一的な書式で作成されたものです。市町村が詳細の聞き取りをして作成した産業連関表に比べると精度は落ちますが、傾向を把握することはできます。誰もが市町村レベルの地域経済の傾向を把握できるという意味では画期的なものです。ページ48
地域経済の漏れバケツの穴をすべてふさぐことは、可能ではありませんし、望ましい事でもありません。それぞれの地域が自分たちで手綱を握って、「地域内で生産できるものは、地域内で賄う」、「域内で生産できないものは域外から購入し、自分たちも他の地域にそこでは生産できないものを販売する」ことのバランスをとっていくことが望ましい姿だと考えます。ページ67
そして、効果的・効率的に地域経済からの漏れをふせぐためには、漏れの大きなところを見つけることです。これまで紹介してきた「地域経済の漏れ」調べで、「漏れが大きく」「地元でも供給できる」商品やサービスを具体的に見出すことができます。ページ68
この「地産地消」の考え方を、地域経済の観点から大きく発展させた考え方が「地消地産」です。…「地域でできたものを地域で食べよう」ではなく、「地域で消費してるものを地域でつくろう」が大事なんだ、と。そう捉えれば、食べ物以外にも広げて考えることができます。まさに「漏れバケツの穴を塞ぐ」考え方です。ページ70
…大事なのは、生産物の「出口=市場」戦略、つまり継続して販売できるものを考え、作っていことです。また、多くの場合、既に出口=市場があるものを対象に、「域外から調達から、域内での生産へ」と切り替えてことが、最初の一歩になります。ページ74
日本のどの地域経済も、同じ「最大の漏れ穴」を有しています。それは、エネルギー料金です。…どの地域も、そのエネルギーの多くを海外から輸入する化石燃料に頼っていることが、「最大の漏れ穴」となっています。ページ97
地域経済にとっては、「地域の、地域による、地域のための再エネ開発」が非常に重要です。日本の「地域のエネルギー資源、地域のために活用す再エネ事業」の取り組みをいくつか紹介しましょう。ページ106
ネットワーク型の取り組みの代表例が、アメリカで始まった「スローマネー運動」です。スローマネーとは、秒単位の機械的な株取引や投機を駆け巡るファーストマネーではなく、ゆっくりと地元を潤すお金を大事にしたいとの思いから名付けられた名前です。…スローマネー運動は、2008年に地元の小規模な食糧業者への投資を呼びかける運動として始まりました。…自分たちの地域社会で、皆が創り出したい将来に対して投資をするということです。健全な地元の食料システムが出発点ですと謳われています。ページ127
食料品店でもガソリンスタンドでも、ある地理的な範囲に事業が持続できる程度の顧客がいないことには事業を続けていくことはできません。…そういう状況に対して営利事業者が撤退しても、自分たちで買い物ができる場やガソリンを給油できる場を維持していくという住民自体の取り組みが生まれています。これは、地域住民の利便性と福利を守る取り組みであるとともに、地域経済をボロボロの漏れバケツにしないという取り組みなのです。ページ130

大前研一 2018年の世界

大前研一 2018年の世界」をKindleで読みました。ハイパーインフレの予告です。ついに大前さんまで言い出しました。自民党総裁選が終わったら、政権が安定したところで断行するかもしれません。このあいだの黒田さんの長期金利上昇の容認発言は、布石かもしれません。私は5年前から準備していますが、日本経済は、わりとよく保てたと感心しています。時代としては、限界費用ゼロの時代がすぐそこまで来ているのでしょう。矛盾の集積が変革を求めています。そのときに、私は自分と家族をどう守るか、それが今の最大の私の課題です。「稼ぐチャンスを探るのか」「持っている資産を守るのか」選択を迫られています。私の経済人としての力量を試されています。焦らず、気張らず、この難局に立ち向かうしかありません。備忘します。

利上げすることで日本や欧州に流出していたお金を米国に引き戻すことです。これによってドル高傾向が強まります。16%
財務省は…ここでデフォルトやハイパーインフレを選択してしまったほうが責任を問われずに済むと思っているのではないでしょうか 。「もう好きにしてくれ」といった感じです 。20%
世界中で低欲望社会化が広がっていますが、その理由は企業・産業も家計・消費も同じです。1つは、お金のある先進国にはもう投資機会がないということです。もう1つは 、新しい経済というのはI C T関連が多いため、昔のように大量に設備投資をする必要がなくなってきているということです 。ページ22%
日本という国はいったん正社員に採用したらなかなか解雇できない国です。そしてまた、入社後に再教育するという意識がありません。大学を卒業したらそのまま一生それで食べていくと思っている人がほとんどです 。ページ73%
2 0 1 7年は日本の没落が企業の時価総額などの数字としてどっと表れてきました 。「没落国家日本 」「ポルトガル、スペインと同様に長期没落していくことがはっきりした年」と位置付けることができるでしょう。「人材格差」が国難の主原因ということがはっきりした、特筆すべき年であったと思います。ページ88%
2 0 1 8年の見通しですが‥国家債務は返済不能ですので、徳政令ハイパーインフレでチャラということになると思います。ページ89%

さるでもできる K i n d l e写真集

「さるでもできる K i n d l e写真集 」をKindleで読みました。2018年の最新情報が盛り込まれています。「さるでもできる電子出版」と重複する部分も多くありますが、復習になりました。要するに写真集の方が書籍よりは簡単に出版できることがわかりました。初めの出版は写真集が最適だと思いました。K i n d l e C o m i c C r e a t o rの使い方もそれほど難しくはないようです。備忘します。

ウェブサ ービス 「 C o m p r e s s o r . i o 」を使えば 、簡単に圧縮ができます 。ページ19%
わたしの見本版の最初のペ ージのように 、表紙の次には 、写真集の説明や 、あるいは 、撮影者であるあなた自身の自己紹介などを記入した扉のペ ージを入れたりきや奥付などが欲しいものです 。あるいは 、わたしの見本版のように 、一枚一枚の写真の前に 、キャプションペ ージを作って 、 「紙芝居 」風に写真集を作るという手法もあります 。ページ21%
K i n d l e C o m i c C r e a t o rを使った写真集作成の説明に入ります…ページ22%
「関連書 」や 「その他の書籍 」を 、本の内容紹介に入れてしまうと 、 A m a z o n様に叱られてしまいます。ページ67%
時々 、 「電子書籍の司書さん 」というペ ージで 、無料キャンペ ーンを実施している K i n d l e本を検索するページ76%
マチュアカメラマンにとっては 、キンドル読み放題サ ービスがはじまった今こそが 、写真集を出す絶好のタイミングです 。まさに 、本章のタイトル通り 、 「チャンス到来 ! 」ということです。ページ88%

さるでもできる K i n d l e電子出版

「さるでもできる K i n d l e電子出版 」をKindleで読みました。こちらは2017年出版なので比較的新しい内容になっています。ワープロのテキストを2回変換して、Amazonにアップ、形式や内容の確認されて、販売本棚に並べてもらう一巡の手続きを理解しました。米国の税金回避の申請がなくなったようです。著者には日本のドイツ銀行から指定銀行に振り込まれるようになったので。Kindleの読み放題サービスは、ページ毎の報酬で低下傾向にあるようですが、売れない著者にはありがたいサービスのようです。備忘します。

細かい話ですが 、カスタマ ーレビュ ーのお礼が言いたくて 、コメント欄にお礼の言葉を書いてもいいですかと 、 K D Pサポ ートに問い合わせてみたところ 、著者本人がコメント欄に書き込むことも禁止だそうです 。ページ36%
みなさまも 、電子出版をする際には 、海河童本舗の 「読者登録 」という手法を 、そのまま使っていただいても 、 「パクッたな ! 」などと 、心の狭いことは申しませんので 、 「読者の方と交流する仕組み 」を本の中に組み込んでおくことをオススメします 。ページ44%
上記の 「 s u b j e c t = 」の先に文字を入力すると 、入力した文字がメ ールの件名となった状態でメ ールソフトが立ち上がります 。たとえば 、こんな風に入力すると 、 [ a h r e f = " m a i l t o : u m i k a p p a 1 9 6 0 @ g m a i l . c o m ? s u b j e c t =読者登 録 " ] u m i k a p p a 1 9 6 0 @ g m a i l . c o m [ / a ]メ ールソフトが立ち上がるだけではなく 、件名欄には 、自動的に 「読者登録 」と入った状態になります 。ページ48%
本の書き出しが大切なのは 、 K i n d l e本だろうが 、紙の本だろうが 、当たり前のことでしょう ? とお思いでしょうが 、 K i n d l e本の場合は 、紙の本に比べて 、さらに 、重要度が増します 。ページ57%
おかげさまで 、 2 2件のカスタマ ーレビュ ーのうち 、 1 9件が ☆ 5個の最高評価 !電子書籍製作ジャンルで売上 1位 !累計 1 , 0 0 0ダウンロ ード ( 2 0 1 6年 7月 1 5日時点 )ページ63%
つまり 、無料キャンペ ーンで効果があるのは 、万人に受ける内容の本 、たとえば 、小説のようなジャンルの本だと思います 。ページ65%
これからの K i n d l e本のマ ーケティングは 、スマ ートホンを前提に考える必要があります 。ページ79%
個人の方が本を出そうと思ったら 、今までは 、多額の出版費用を自分で負担する 「自費出版 」という方法しかありませんでした 。しかし 、 K D Pサ ービスをはじめとした電子出版サ ービスが 、 「自費出版 」から 「自己出版 」という新しい道を作ってくれました 。ページ91%

Amazon Kindleダイレクト出版

Amazon Kindleダイレクト出版」を Kindleで読みました。2013年の出版です。 5年前の時点で、ここまで時代が進んでいたのに驚きました。A m a z o nで個人の著作を販売できるというサ ービス(K D P)を解説している本です。推奨ソフトの紹介や使用方法だけでなく、Amazonとの契約の概要と留意点も書いてあります。本の書き方や売り方にも言及しています。良い本を著すには「一日、5千字書いて、10万字読む習慣が大事」だと述べています。本書を読んで電子出版が、よくわかりました。私は、すでに「はてな」でブログを本にしていますが、自由度が低く自己満足レベルでした。今度は、好き放題の本を有料で出版してみます。
蛇足ですが、K D Pとは、キンドル・ダイレクト ・パブリッシング の略です。また、キンドルとは 、 A m a z o nが運営する電子書籍のサ ービスそのものと 、その電子書籍を読むための端末の両方を指す言葉です 。備忘します。

Amazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシング

Amazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシング

完成原稿を 1人目の読者として読んでみてください 。あらためて読んでみると 、文章の順番や構成 、また文章のト ーンのぶれなど 、編集すべきことが見えてくるはずです 。そして 、編集には大胆さと繊細さが同時に求められます 。ページ31%
「まず自分が読みたい 。そして書いた本をあの人に読んでほしい 」というくらいの単純な気持ちでテ ーマを考えてみましょう 。ページ33%
とにかく 「量を書く 」ことが一番の早道です 。目安としては 「 1日に 5 , 0 0 0字書く 」ということを目標にしてみてください 。これは 、本の原稿とは限りません 。…そして 、文章を書くためには 、燃料として 「文章を読む 」ことも大切になります 。その目安は 、ざっくり 「 1日に 1 0万字 」です 。ページ34%
・ソ ースファイルは E P U Bファイルが最適 ・ L i b r e O f f i c eに 「 W r i t e r 2 e P u b 」をインスト ールするページ42%
「ほかに似た名前のタイトルがないこと 」です 。これは 、事前に検索しておくことで 、十分に吟味することができます 。ページ61%
G o o g l e画像検索で類似画像をチェックする。ページ66%
そして 、 K D P本は W e bで買うものですから 、そのプロモ ーションの主戦場も W e bです 。ほかのことは何も考えなくていいと言っていいほど 、 W e bでプロモ ーションをしなければ 、 K D P本は売れません 。ページ68%
・ 「話題の種 」を準備する ・著者の文脈を知ってもらい 「読者との信頼関係 」を作る ・ G o o g l e著者情報プログラムに登録するページ71%
見つけたツイ ートには 、返事をしたり 、リツイ ートしたり 、また感想をトゥギャッターなどのサ ービスを使ってまとめたりします 。大事なことは 、 「この著者は 、読者が言うことをちゃんと聞いているんだ 」ということを知ってもらうことです 。ページ72%
まずは 、自分から誰かの本の A m a z o nのレビュ ーを書いてみましょう 。レビュ ーを書かなくても 、読み終わったことを 「シェア 」するだけでも 「読んだ 」ということを著者に伝えられます 。一度 、本を書いて人に読んでもらった経験がある人ならわかるかと思いますが 、著者にとって読者の 「読んだ 」以上の言葉はないのです 。ページ75%
・ G o o g l eアラ ートで W e b全体をトラッキングするページ76%
W e bのプロモ ーションというのは 、どれだけ露出を増やすかという手法じゃなくて 、どれだけの味方をつけるかという 「社交の技術 」みたいなところがあるなと 。ページ97%

国民のための戦争と平和

「国民のための戦争と平和」を読みました。亡き小室直樹氏の著作です。それも1981年の旧い著作です。古さを感じさせない論です。その後30年間、日本は戦争と平和について考えずに過してきました。そのツケが回ってこないことを祈っています。小室氏は戦争を定義しています。「戦争とは国際紛争解決の手段である、戦争以上に合理的で実効的な紛争解決の手段を創造しない限り戦争はなくならない」。世界の歴史ばかりでなく、先の大戦で敗れた日本の事例からも明らかだと思います。満州を統治した日本は、戦争しなければ国の正義を貫けなかったし、負けなければ撤退できなかった。各国が正義を貫けば戦争しか解決方法がないわけです。尖閣列島竹島も大問題にならないのは重要な地政学的、資源的な意味が少ないからだそうです。本論は、右翼的な論ではありません(念のため)。備忘します。

国民のための戦争と平和

国民のための戦争と平和

戦争は、文明の生み出した一つの制度である。ページ66
…したがって、いきなり起こるように見える侵略戦争も、実は「戦争とは、国際紛争解決の最終手段である」との命題の特殊事情にすぎない。ページ86
日本人は、建前と本音は違うものだと思っている、少なくとも違うのが普通だと思っている…建前と本音が乖離し始めたならば、直ちに手当をしようという気持ちがない。ところが、この乖離こそ社会の忌むべき病原菌なのだ。早期に手当をしないと死に至る病となる。制度そのものが崩壊するのだ。ページ133
…国連は国際社会において、主権国家の上を行く上級の権威だと思ったなら、錯誤もはなはだしい。世界連邦論者が、国連を、将来成立することのあるべき世界連邦の萌芽であるように扱っているが、これは途方もない誤解である。…ページ150
国連の基本理念は「現状維持」だと言うのだ。現状は固定せられるべしと言うのだ。どこか片ではないだろうか…国連は第二次世界大戦の現状維持の執行を目的とする暫定的国際平和維持機構である。ページ174
よく日本人は外国人に対して、「それは憲法上できないんです」と言う。…憲法はそちらの事情であって、こちらには関係が無い…まともなセンスのある人なら、こういうだろう。「実は、我が国ではすぐに憲法問題となるので、なかなか対処が難しいのだ、…国内には尖鋭な対立があるので、うかつに扱うと時の政権の命運にもかかわりかねない問題なのだ。」ページ192
真の平和を願う者のなすべきことは何か。まず、戦争の文明史的本質を洞察することである。「戦争とは国際紛争解決の手段である」「戦争以上に合理的で実効的な紛争解決の手段を創造しない限り戦争はなくならない」 しかし、未だ具体的な方向すら発見されていない…要するに試行錯誤の段階である。…努力の過程で、ひょっとしたら戦争以上に合理的で実効的な…ヒントが得られるかもしれない。その間は、現実の戦争の可能性に対し、物心両面で十分備えがなくてはいけない。ページ221