月刊モノクロ 6月号

「月刊モノクロ 6月号」をビューンで読みました。この雑誌はじめてです。辛口モノ雑誌と宣言しています。実際は結構メーカーに気を遣ってます。とくに大手に。あたりまえか!気になった商品を列挙します。
デジタルイヤホンAirPodsを使っています。欠点は装着で、新幹線の中で脱落して拾うのに苦労しました。今は二つをゴム紐のような製品でつないでいます。この本によると「Zolo Liberty」が良いそうです。7990円。使わないので購入控えました。
電動機付き自転車。クラウドファウンディングで一億円集めた製品です。「glafitバイク」15万円。うーん、大きさはよいが18㎏の重さと折りたたみ、走行距離に問題あるかも。もう少し軽くて小さいモノが開発されるまで待つ。
窓拭きロボット「ウインドウメイト」確か韓国製だったと思います。7万円と高いのはともかく、窓の厚さにより機種を選ぶとのこと。引越や改造したら使えないのは欠点だなあ。「本機は暑さで対応する型番が異なる。購入前は専用ツールでの測定が必要だ」(ページ45)
VRの本当の凄さはアダルトにあり!最新エロ動画は半体験型になっていた!! 製品を持っている私としてはソフトを購入したくなる! いやいやヤメます!!
ニトリ特集の中で「コードリール タンブル」799円購入したくなりました。アマゾンでは販売していないので、そのうち店舗で買います。
キングジム、ツール整理ブロック「かたづけマス」2138円。これはよいかも、購入します。
ハードグミ、全20種類食べ比べの第一位は明治「GOCHIグミ ブラッドオレンジ味」。さらに、明治コーラアップも掲載。「酸味も甘味もちょうどよいグミ 日本のグミの原点。ブランド名そのままにリニューアルを重ねてきたレジェンドグミ。弾力感が心地よく歯切れもいい。酸味がすくなく甘味もしつこくないのでどんどん食べたくなる」ページ157

今を生かされて

「今を生かされて」を読みました。副題は夫婦ともにがんに侵され、そこから見えてきたもの」です。函館の本間さんからいただきました。先日、ユッキーさんの個展が「茶廊法邑」(札幌)で開催されました。そのギャラリーのご女主人の著作です。一気呵成に読み終えました。目の不自由なご主人と義妹、ホームで死を迎える義母、そして古希の頃のがん発見。手術、治療を淡々と語っています。走り続けて、はたと死を考えてみると…深い闇とわずかな希望が見えてくる、そんな内容です。心乱れました。父を残して先に逝った母は心穏やかではなかったろうと慨嘆しました。私のこれまでの生き方は「美しいか」と自らに問いかけました。備忘します。

今を生かされて

今を生かされて

「がん哲学外来」とは、対話が主で冒頭の15分くらいは、どうしてここに来たのか? がんになった何を悩んでるのか?…患者の声に耳を傾けいっしょに考える。対話することで悩みに寄り添っていく。患者の悩みの3分の1は治療法、3分の2は家族の人間関係。ページ56
困ったとき、そっと誰かが助けてくれたことはもちろん、この年でもまだやれる、やろうと毎日自分を励ましながら、1日1日歩いてきた。心も体も 弱いとこだらけ、今日一日をなんとか、今日一日をなんとか、振り向くと、こんなに、こんなに歩いてきたではないか。ページ110
「父ちゃん食べたいものある」「チーズあったっけ? 明治のチョコは? 話しながら動く。ページ114
患者はほとんどが65歳以上。ますます高齢者が増えて、駐車場、待合室は人が溢れ、長い時間待つことが多くなってくる。日本の社会は、心身ともに病んでいる人たちであふれている。医者、看護師をはじめ、周りの環境が猛スピードで変わっていく様子を考えざるを得ないところまで来ていることを改めて思いながら暗い道を慎重に運転した。ページ122
年を重ねても、まだまだ元気で何かに挑戦している姿を見せることにより、若い人たちに安心と希望を与え続ける、そんなお年寄りになりたい。ページ128

DIME6月号

「DIME6月号」をビューンで読みました。巻頭(SCENES)はとても良い出来です。熊本で最先端のレジシステムを親戚の叔父さんが始めたそうです。何と!「飲み食いをした分の代金を自分で足し算し、出口付近の料金箱に入れるという原始的な無人レジ。料金箱といっても蓋のついていないガラスの器が置かれているに過ぎない」そうです。そして「お金がマイナスになったことHA一度もない」ですと。他に「今、ヒット商品は異端から生まれる」(ページ47)にザ・チョコレートの記事がありました。「異例の大ヒットとなった明治のザ・チョコレートは企画段階NO当初、上役が反対。それを封じて無事商品化が実現しました」(ページ47)物語を作ったな。(笑)
刺激されて購入した商品は、iPoneで引き締まった身体に!?「引き締めパッド」3480円、カバンの重さを事前にチェックできる「ラゲッジデジタルスケール)1995円でした。

DIME(ダイム) 2018年 06 月号 [雑誌]

DIME(ダイム) 2018年 06 月号 [雑誌]

f:id:tao-roshi:20180417133558p:plain

PEN5月1日号

「PEN5月1日号」をビューンで読みました。特集HA「外国人が案内する東京」です。場所の紹介が多のですが、一部商品紹介があり、明治のTHEチョコが取り上げられていました。「ビターなチョコが創造性をサポート …このチョコレートは、甘味と苦味のバランスが秀逸。コンビニで買えるものとは思えないほどレベルが高く、創作時のいい相棒です。」舞子さん、さすが!

Pen(ペン) 2018年 5/1 号 [外国人100人が案内する、TOKYO]

Pen(ペン) 2018年 5/1 号 [外国人100人が案内する、TOKYO]

読めばわかる日本地理

「読めばわかる日本地理」をKindleで読みました。小学生向きの本です。馬鹿にするなかれ。忘れてしまったことや、うろ覚えの知識を思い知らされました。日本は南北に3300㎞くらいの国です。領海は12海里、約22㎞です。各県の特産物や産業を概観できました。山形県佐藤錦。長い川、信濃川367㎞、利根川石狩川。大きい湖、琵琶湖669.2㎢、霞ヶ浦サロマ湖岐阜県、本美濃紙・香川県讃岐うどん愛媛県、製紙業。熊本県、イグサ。備忘します。

読めばわかる! 世界地理 (朝日小学生新聞のドクガク! 学習読みものシリーズ)

読めばわかる! 世界地理 (朝日小学生新聞のドクガク! 学習読みものシリーズ)

「ご飯とみそ汁に、肉や魚、野菜、卵、おかずを3つつけた。昔ながらの一汁3菜と呼ぶんんだ。800年以上も前、鎌倉時代から親しまれてきた、栄養バランスのいい献立なんだって!」ページ40
「稲は春の初め頃から、苗び張るまでビニールハウスなどの寒さの防げる場所で育て、その後、水田に植え替える。水温より気温が高い時は水を少なくし、気温より水温が高いときには水をたくさん入れるようにする。…夏になって気温が高くなってきたら、一度水をすべて抜く、中干しという作業をする、中干しした稲は、根がよく伸びて栄養吸収がよくなるため、太く倒れにくくくなる…」ページ45
「育てる農業には、養殖漁業と栽培漁業の2種類がある。養殖漁業は、いけすという水槽のような場所で売り物ににできる大きさになるまで育てる方法だ。…一方、栽培漁業とは、いけすの中で卵を孵化させ、稚魚になるまで育てた魚を川や海に放し、大きくなったタイミングで再度捕まえる方法だ。ページ67
「日本の工場の99%は従業員が300人未満の中工場か、30人未満の小工場だ。」ページ90

「財界」2018年4/24号

「財界」2018年4/24号を読みました。「財界」の方からいただきました。日本電産の永守社長の記事がメインです。永守社長のモーレツぶりはつとに有名で、感心はしますが真似は出来ないというのが本音です。社長を50歳の方に譲るそうですが、ファーストリテイリングソフトバンクと同じように気に入らなくなって辞めさせてしまうのではないかと思います。永守さんと同じような仕事はできないからです。
クボタの木股社長が農業を語っています。「…収穫量が上がる精密農業や、生産性の上がる農機を提供する」ことが大事だと言っています。「…農業もAI、IoTの時代になっています。…この仕組みをクボタスマートアグリシステムと命名しています。自動運転や精密農業に加え、…メンテナンスまでフィードバックできるレベルまで高めています。」
起業家、イオレ吉田社長のインタビュー記事は面白い内容でした。たくさんの会社を興して、潰して、上場して、ジェットコースターのような人生です。途中、喉頭がんで死にそうになったり、人ごとながら頭が下がります。その中でアドテクノロジーの大発展が転機で儲かるようになったそうです。「当社は今、データベースを元にしたアドテクを使った広告代理店になりつつあります。」
f:id:tao-roshi:20180415121745j:plain

到知 2018年5月号

「到知 2018年5月号」を読みました。薦められて3年ほど前から購読しています。5月号の特集は「利他に生きる」。稲盛和夫「利他の心こそ繁栄の道」(ページ10)を熟読しました。色々なところで稲盛伝説は聞いておりますのでので就職や創業のエピソードは知っていました。日本航空の事にしても京都賞にしても素晴らしい事で感心するのですが、本田宗一郎さんや盛田昭夫さんの話ほど気持ちが良くなりません。爽やかさを感じないのは不思議です。好きでない家康タイプなのかなあと思います。「世界中の誰にも負けない努力をしていけば、必ず時間とともに大発展を遂げていくものと信じて疑いません」との事です。
「日本人の心の故郷”古事記”を読む」古事記の簡単な解説と古代史を中心に歴史教育をする必要性を主張しています。「子供の頃に読んだ神話や民話と言ったものは、私たち日本人が物事を考える上での根本を根ずかせてくれます。…世の中が乱れている時には、本(もと)を正すことが先決です。日本最古の歴史書である古事記にたどり着く…」(ページ62)
「到知随想」という読者ページがあります。そこに82歳の若宮正子さんのエッセイが載っています。何と「ゲームアプリ開発者」だそうです。60歳からパソコンを始めてiPoneのゲームアプリで7万ダウンロード、Appleの世界開発者会議2017)に招待されたそうです。淡々とした姿勢に超感動しました。備忘します。
f:id:tao-roshi:20180410123246j:plain

経営12カ条。京セラやKDDIJALを経営する中で、会社経営を成功に導く実践項目をまとめたもの。
① 授業の目的意義を明確にする。 ・公明正大で大義名分のある高い目的を立てる。
②具体的な目標立てる。 ・立てた目標は常に社員と共有する
③強烈な願望心に抱く。 ・潜在意識に到達するほどの強く持続した願望持つこと
④誰にも負けない努力をする。・地道な仕事を一歩一歩確実に力を続ける
⑤売り上げを最大限に伸ばし、経費を最小限に抑える。 ・入るを計っていずるを制する。利益を求めるのではない。利益は後からついてくる。
⑥値決めは経営。 ・値決めやトップの仕事。お客様も喜び、自分も儲かるポイントは一点である。
⑦経営は強い意志で決まる。 ・経営には岩をも穿つ強い意志が必要。
燃える闘魂 ・経営にはいかなる格闘技にも勝る激しい闘争心が必要。
⑨勇気を持ってことに当たる ・卑怯な振る舞いがあってはならない。
⑩常に創造的な仕事をする ・今日よりは明日明日よりは明後日と、常に改良改善を絶え間なく続ける。創意工夫をすすめる。
⑪思いやりの心で誠実に ・商いには相手がある。相手を含めてハッピーであること。皆が喜ぶこと。
⑫常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で(ページ16)

f:id:tao-roshi:20180414122452j:plain
f:id:tao-roshi:20180414122511j:plain