大・大往生

「大・大往生」を読みました。 哲学の三大テーマは「宇宙」「善悪」「死」だと池田晶子氏に教わりました。人は死んだらどこに行くのか? こんな話があります。「老人ホームで認知症の老人たちが『あの世はどんなところだろうね』と話し合っていた。すると一人のおばあさんが『どうも、いいところらしいよ。誰も帰って来ないから』」著者の鎌田先生の話の中で出たそうです。(この本には書いてない) 死の覚悟と準備について深く考えさせられました。遺言の下書きはどんな人にも必要です。備忘します。

大・大往生

大・大往生

そんな初期の運動の中で中心的な役割を果たしていたヘルスボランティア保健補導員の副会長がスキルス癌で亡くなった。発見の難しいがんである。働き盛りの若い人に多く、実は見つかっても助からないケースが多いと言われている。この副会長は、毎年、地域でやっている胃がん検診を受けていた。検診で発見され、手術をしたのに、半年後になくなってしまったのである。ページ14
人は必ず死ぬ。いつ来るかわからない死について、ちょっとした準備を始めて見た。遺言の下書きだ。ページ32
日帰り温泉に行くのは、すごくいい。副交感神経を刺激するから。介護していると交感神経が強く働き、イライラし、血管を収縮させ、循環が悪くなる。そして血圧が上がる。介護している人が脳卒中になりやすいのも、これが原因だ。ページ64
精神医学者、フロイトは、困難の中で生き抜くためには、2つのことが必要だと言っている。1つは、働く場所があること、もう一つは愛する人がいること。ページ108
死を覚悟すると色々なものが美しく見えるだけではなく、怖いものがなくなる。やり残したことがあれば、それをきちんとやっておきたくなる。ページ132
受け入れる前にしなければいけないことがある。年を取ることを受容することだ。死は必ずやってくる。それは生き物の大原則である。ページ167
お寺と葬儀社と話して、葬儀の仕方を決めておいたほうがいい。自分で無駄だと思う事と、いらないと思うことはあらかじめ言っておく。ここはこだわりたいということも紙に書いて伝えておくといいでしょう。ページ230
丸ごと1冊「死」について書いてきたが、会葬礼状を用意していないことに気がついた。ページ249

限界費用ゼロ社会

限界費用ゼロ社会」を読みました。衝撃的な未来予想です。現在、資本主義社会が協働型コモンズ経済に変わる過程にあるとの指摘です。シェアビジネスの台頭、クラウドファウンディングの隆盛、広告の衰退、非営利組織の発展、これらの現象の裏にあるのが、第三次産業革命による「限界費用ゼロ社会」の到来だと言っています。大部の本で時間は掛かりましたが懇切丁寧な説明で、よく理解できました。電力により貧困が解消する事実と仕組みが、よくわかりました。日本の大企業の幹部には必読書だと思います。備忘します。

限界費用ゼロ社会 〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭

限界費用ゼロ社会 〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭

垂直統合型の巨大企業は、大量生産される財とサービスの生産と流通を構成するのに最も効率の手段だった。サプライチェーンと生産過程と流通経路を、集中管理のもとで垂直統合型の企業にまとめると、劇的に取引コストを減らし、効率と生産性を上げ、生産と流通の限界費用を削り、消費者に対する財とサービスの対価価格をおおむね引き下げ、経済を繁栄させることができた。ページ88
IoTインフラに3-Dプリンティングのプロセスが組み込まれれば、世界中の事実上誰もがプロシューマーとなり、オープンソースのソフトウェアを利用し、使用やシェアの目的で自ら製品を生産することになる。ページ141
どの文明においても、コミュニケーション/エネルギー/輸送マトリクスが経済的権力を構成・分配する方法を決めるという概念を、ガンジーは意識してはっきり言葉に出すことはなかった。だが、資本主義体制下であれ社会主義体制下であれ、社会における産業構成には、生産流通過程の中央集中型の制御、人間の本性についての功利的な概念の擁護、それ自体を目的とする、とどまるところを知らない物的消費の追求といった、いくつかの指針となる前提が伴うことを、彼は直感的に知っていた。 ページ161
蒸気汽関によって人間は封建時代の農奴制から解き放たれ、資本主義市場で、物質的な私利を追求できるようになったとすれば、 IoTによって人間は市場経済から解放され、共同型コモンズにおいて、非物質的でシェアされた利益を追求できるようになった。ページ205
当面の課題は、世界中で IoTインフラの大規模な整備が実施されることに伴って生じる、新たな職種や商機への移行円滑に進めるために、既存の労働力を再教育したり、労働市場に参入する学生に適切な技能の育成を行ったりすることにある。ページ419
人類の歩んだ歴史を振り返ると、幸福は物質主義ではなく、共感に満ちた関わりの中に見いだされることがわかる。人生の黄昏時を迎えて、来し方を振り返ったとき、記憶の中にはっきりと浮かび上がるのが、物質的な利得や名声、財産であることはほとんどないだろう。ページ468
まだ日本は気づいていないが、台頭しつつある IoTは、これまでの歴史上あらゆる経済革命を特徴づけてきた三つの決定的な要素から成り立っている。その3つとはすなわち、より効率的に経済活動管理する新しいコミュニケーションテクノロジー、より効率的に経済活動に動力を提供する新しいエネルギー源、より効率的に経済活動を進める新しい輸送手段だ。ページ477

ライフログビジネス

ライフログビジネス」を読みました。2009年の出版です。随分昔の本です。その後、ライフトラッキング(生活記録)のソフトは進化していません。需要がないか、使い勝手が悪いのでしょう。レコメンド、行動ターゲッティングは進化しました。「IDポータビリティー」「データポータビリティー」は、実現しました。要するに儲ける為のライフログ活用ビジネスは進化しましたが、個人のライフログをまとめるビジネスは、 まだ十分ではありません。エンディングノート自費出版に興味を抱く顧客層をターゲットにすれば、ビジネスチャンスあると思います。備忘します。

ライフログビジネス

ライフログビジネス

記録の自動化はさらに進んでおり、パソコンや携帯で操作したことをそのまま記録するアプリケーションも出始めています。これらはライフトラッキングと呼ばれています。例えばAllofMeというサービスでは、スケジュール帳のような画面にブログ写真やビデオ検索ホームページのアクセス、パ ソコンや携帯で再生した音楽や動画、メールなどが時間軸に沿って並べられています。ページ73
このように、ライフログを利用したサービスを作る場合には、まずは多くの情報収集し、利用者視点に立った分析が非常に重要になります。リアルの世界でのノハウと言われているものもものも、結局、属人的な情報の収集と分析によるものです。これをデジタルデーターの蓄積と統計に基づく分析に置き換えることが、ライフログを利用したサービスの根幹部分だと言えるでしょう。ページ89
ライフログを利用したサービスが最終的に目指すところは、意外性のある有用なものを提供することにあるのかもしれません。これは個人の潜在意識を知ることができなければできず、少々ハードルが高そうです。ページ121
情報そのものについてではなく、これを利用するために必要な機能についてはどうでしょう。ライフログを実現するために必要な機能を列挙しました。①個人のさまざまな情報をデジタル化すること ②自動的に蓄積すること ③再利用すること。以上3つがその根幹です。ページ146
ネットワーク端末センサーソフトウェア、これらの進化がライフログという新しい概念を誕生させました。そして、レコメンド、行動ターゲッティングなど新しいマーケティング手法を生み出し、agentという自分の分身までが実現しようとしています。ページ162
このような競争環境が実現しなければ、ライフログを利用したビジネスは活性化しませんし、利用者本位で顧客満足度の高いサービスは創出されません。そのためにも「IDポータビリティー」「データポータビリティー」の実現は重要です。ページ172

出世と肩書き

「出世と肩書き」を読みました 。産経新聞の女性経済記者の書いた本です。一般企業の話ではなく、官僚の肩書きや出世の道筋を主に解説しています。「事務次官」という肩書きが各省の社長みたいなものでトップ出世であることを改めて理解しました。嵐の櫻井パパはすごく偉いことがわかりました。次官退官後の天下りの実態もよくわかりました。「塞翁が馬」です。CEOや相談役、顧問、他の民間の肩書きにも言及しています。ライフネット生命の出口氏の名刺には「創業者」とありました。これも最近よく使われるそうです。大河ドラマ平清盛は高い叙位で喜んでいました。戦後は叙位は物故者に贈ることを知りました。村山内閣の五十嵐官房長官の「位記」(表彰状みたいなもの)を旭川「ほくみん」の事務所に飾ってありました。写真を撮っておけばよかったです。従三位でした。備忘します。

出世と肩書 (新潮新書)

出世と肩書 (新潮新書)

「再就職先」「副業」としての社外取締役の希望者も増え、日本社外取締役協会など、企業と希望者のマッチングを行う組織もできている。同業界への登録者は2,016年末時点で約100人、だれでもオーケーというわけではなく、面接をし、経歴や実績を見て登録者を決めているという。登録者の大半が弁護士、司法書士公認会計士だ。競争が激しく仕事のない弁護士らが副業として社外取締役を志向している状況がある。ページ25
大手銀行のトップは頭取という肩書きを使う。もとは雅楽で合奏するときに「音頭を取る」役目をする首席演奏者を指す言葉で、次第に「集団のかしら」を指すようになった。ページ31
政治家から見て官僚は、実際の事務を司る「事務方」と呼ばれ、その官僚機構のトップが、内閣から派遣される大臣を支えるという意味もあって「事務次官」と呼ばれている。文字通り事務を統括する最高責任者だ。ページ81
幕僚長は、軍隊における総元締めの元帥に近い。自衛隊には、外国の軍隊の統合参謀本部に該当する統合幕僚監部があり、そのトップに当たる。その傘下に陸上、海上、航空の各自衛隊のトップの幕僚長3人がいる。ページ119
大使は正確には特命全権大使と呼ばれる。日本と国交のある国の人に大使館が置かれ、日本を代表して相手国との交渉や在留邦人の保護に当たる。ナンバーツーが公使でその下に外交事務に従事する書記官が一等、二等、三等まで置かれる。一方首都以外の主要都市には領事館が置かれ、トップが総領事、在留邦人の保護などが主な仕事で外交については大使館に一本化されている。ページ124
主要官庁には省の名前がつく審議官が置かれている。企業で言えば副社長が専務といったところ。ページ136
自民党では党三役と総称されるある意味で非常に重要なポストがある。選挙対策など全ての実務を仕切る幹事長、政策を求める政務調査会の会長、(政調会長)、議会議決機関である総務会の会長の三つ。ページ181
叙位は、幕末に始まった叙勲よりはるかに古い歴史を持つ。勲章制度が変遷を遂げてきたのに対し、日本の歴史や文化に関わる固有の制度として脈々と続いてきた叙位である。国家や公共に対し功績のある人が死亡した際に、生涯の功績を称え追悼の意を表する意味合いがある。現在は正一位従一位…と続く正従の16段階があり、没後者を対象に大臣はじめ公職について功績を残した人に叙されている。ページ202

ビッグデータと人工知能

ビッグデータ人工知能」を読みました。ビッグデータ人工知能の本質がよくわかりました。要するに両者とも高速統計処理のことだと分かりました。人工知能の限界により、感情ロボットは作れないことがわかりました。だだ汎用的な人工知能は、不可能ですが、集合知による判断を助けるための限局的な人工知能は有望です。シンギュラリティは来ないし、鉄腕アトムは実現できないことを理解しました。備忘します。

人間の論理的な思考においては、演繹と 帰納が双璧をなしている。ところが実は、この演繹と帰納の他に仮説推量(アブダクション)というのがある。演繹や帰納ほど知られていないが、これは人間の論理処理における実践の場合、特に意思決定を迫られる場面でかなり広く用いられているのである。「人間は死ぬと」「ソクラテスは死ぬ」とから「ソクラテスは人間だ」と推量するわけだ。だが仮説推量は必ずしも成り立たない。ページ43
第一と第二次の人工知能ブームのキーワードがそれぞれ論理と知識だとすれば、第三次人工知能ブームのキーワードは統計並びに学習である。つまり、データを統計的に処理することによって、パターンを認識し分類してしまうというわけだ。実はここにはトリックがある。 ページ71
全てのコンピュータ処理は、過去によって完全に規定されているのである。コンピュータは、「こうなったら、こうせよ」という過去に与えられた指令を墨守しているだけなのだ。ビックデータ時代なって、膨大なデータは使えるようになっても、この原則原則は変わらない。いやそれどころか、いっそう過去の比重が大きくなったとも言える。ネットのなかには過去のデータが満ち溢れており、それらを無視できないからである。ページ106
つまり、生物は自律システムであり、機械は他律システムなのだ。ここでシステム論的な境界線がクッキリと現れる(変動する環境条件のもとで、同じ入力に対し異なる出力をする機械を自律システムということがあるが、正確にはそういう自動機械は「適用システム」と呼ぶべきである。作動の変更の仕方あらかじめ設計されているからだ。ページ116
機械翻訳の基本的なアプローチは、文章テキストの対訳の用例を大量に記憶しておき、翻訳する入力文と近い用例を検索し、同様な翻訳文を取得するのである。訳語に複数の候補があるときは、あくまで統計的に見て確率が高いものを選ぶ。ページ121
ここまでくると問題がはっきりした。ロボットに搭載された人工知能は、基本的に論理処理を行う聞く機械である。そして、ロボットの体は多細胞生物である動物の体とは違って、あくまで人工知能の指令に従って動く忠実な物体なのである。とすれば、感情持つロボットとは実に奇妙な存在だ。それは汎用人工知能とほとんど無関係である。それなのに、マスコミが人間に近い未来の機械といった妙な幻想を振りまき、はやしたてる理由は一体なんなのか。まるでドラえもんがもうすぐやってくるとでも言うように。ページ131
人々のネットでの発言もビックデータの一部なので、集合知がビックデータ分析と関わるのは当然である。逆に言えば、ビックデータ分析を、集合知を導くための効果的な方法として位置づけることも可能だろう。ページ170
ビックデータの分析技術は、機械学習、特に深層学習と重なっていることがわかる。ともに統計処理が本質なのだ。ページ171
人工知能によるビックデータ分析は、集合地をまとめるリーダーにとって、実に頼もしい味方になれるはずである。なぜならそれは、過去の膨大なデータの分析をもとに専門家に助言を与え、さらに、人間の多様な意見をほぼ瞬時に集約してくれるしてくれるからだ。ページ178
生物は現在の状況に応じた柔軟な問題設定と情報の意味解釈によって生きていく自律的存在であり、他方機械は、指令どおりのアルゴリズムで過去のデーターを形式的に高速処理する他律的存在である。表向き自律的に見える人工知能ロボットも、内実は過去のデータを統計処理して問題を解決に過ぎない、だから、いかなる人工知能にも、変転する状況に応じたきめの細かい情報処理は期待できないのだ。そういう代償の上で、人工知能は全体としての効率化を達成できるのである。ページ201

がんから始まる

「がんから始まる」を読みました。「幸せはガンがくれた」ではガンの原因が自らにあるとの主張が強かったので、反省とともに落ち込みました。「悔い改めよ」と言われたような気がしたからです。しかし本書を読んで救われました。「知性」は乗り越えていくことを理解しました。どんな状況でも自分の未来は自分で拓く問いう強い意志が戻ってきました。無駄だとわかっていても追求することが大事だと納得しました。検査や入院、手術、予後のこと、たくさんのことを教えてもらいました。まだ検査結果は出ませんが心が平静になりました。備忘します。

がんから始まる (文春文庫)

がんから始まる (文春文庫)

がんになったことについて、因果応報的な考え方をする人もいるが、私に言わせれば論外なので、ここでは検討を加えない。ページ54
生死にかかわる一大事のただ中なのに、それにふさわしくないくらい具体的なことで、時が過ぎていく。それもまた人生の1つがありようなのだろう。生きるとは、思いもよらの局面を、次々と人に提示し、大きな問い投げかけてくる一方で、それと対極にある些事の連続でもある。ページ93
がんが「慢性疾患」たりうるのは、患者が「死なない」からである。すぐに死んでは、「慢性」という持続性は出てこない。ガンイコール死病ではない。ガン細胞を消滅させることはできなくても、増殖を抑えたり、症状緩和したりしながら、内に抱えたまま生きられるのだ。ページ139
星や月と、太陽とが交代し、それを満たす光に目を覚ます。希望、という子が、ごく自然に、胸の中に降りてきた。その言葉を、忘れずにいたい。受容を心の片隅に、真ん中には希望を置いて、退院後生きていく。ページ145
今の告知より、再発を告げられた時のほうが、はるかにショックだというのも何かで読んだ。私もこれから再発するかもしれず、その時は、過酷な治療になるだろう。あと何ヶ月と、余命を作られることもあり得る。それらの局面を迎えたとき、私は今の私でいられるだろうか。ページ196
生きるとは蓋然性の連続だ。限りなく確からしさとわかっていてもなお予測のつかない領域がある。知ることに対する本能に近い欲求を持って生まれた以上、私たちは全く知らずにいることはできないが、完全に知ることもまたできないのだ。まさしく生きてみないとわからない領域が常に常に残されている。ページ203
がんを、気づかずにいたものをもたらし、天からの授かり物のように言う人がいる。私はそう思わない。そこまでがんを受け入れない。私はまだ、そうしたロジックでがんを肯定したくはない。…でもあの時、取り出された腫瘍と入れ代わりに、私の中に宿った何かは、少しずつ育っている。何に成長していくか分からない。私の内なる未知のもの。生きる意志? そう、今はその姿をとっている。私の生は不確実だが生への意志は、確かに脈打つのを感じる。ページ224
病は気からか。治らない人、進行して死んでしまう人は、本人の気の持ちようが悪いのか。自業自得なのか。そんなことはないと言い切れる。この間なくなっていった周囲の患者でいわゆる明るく前向きな人は、大勢いた。…その人たちの辿った経過まで、気の持ちように帰してしまうのか。彼のむしろ死ぬまでの生き方に、目をつぶっていいのか。ページ234
「無駄と知りつつ何かに熱心に取り組むことができるかどうかが、我々の人生の質を決めることになる。いや、むしろ何をしても無駄と覚悟していることが、それでもなおこれをするという決断に重みを加える前提でさえある。」頼藤和寛の「人皆骨になる」の中のこのくだりは、私がうまく整理できないでいた心を言い当てていて、胸のすく思いがした。ページ238
がんという疾患の本質が解明され、その基本的な原因は「老化」であり、寿命が延びた期間に、蓄積された遺伝子の変異で発症することが明らかにされてきた。したがって、がん患者は60歳前後から増え始め、60代から70代と増加し続ける。その状況を具体的に言うと80歳は40歳の倍の年齢だが癌になる確率は16倍だとの統計もある。ページ261

幸せはガンがくれたー心が直した12人の記録

「幸せはガンがくれたー心が直した12人の記録」を読みました。先日、健康診断を受けました。生まれて初めて内視鏡検査をしました。横になりながら先生の説明と画像を見ていました。「胃潰瘍です」あっさりと宣告され、「ガン細胞の可能性があるので細胞を採取します」と。もともと造影剤の検査のつもりでしたが、「空きがない」とのことで、渋々、内視鏡にしました。「これがガンなら、もしかしたらツイているのかも、ガンの治療は大変だろうなあ」との複雑な思いが錯綜して、心千々に乱れました。もしもに備えてこの本を読んでみました。少し強くなりました。備忘します。

幸せはガンがくれた:心が治した12人の記録

幸せはガンがくれた:心が治した12人の記録

人は癌と戦うために生きているわけではない。たかだか数センチの腫瘍に人生が覆い尽くされることはないのだ。ページ66
失望が症状を悪化させ、希望がそれを改善させ…毎日、どこの病院でもどの患者にも、小さいが確実な変化が起こっている奇。跡的な回復の芽も育っているに違いないのだ。ページ72
西洋医学の父と讃えられる古代ギリシャヒポクラテスが、病気を治す、一番大切なものは、「言葉」であると言った。「薬草」「メス」がそれに次ぐ。ページ83
つまり、5年生存率の向上は、癌の治療技術の進歩というよりは、診断技術の進歩があったからに過ぎず、見かけ状のものに過ぎないというとも言うのである。となれば、手術、放射線抗がん剤を武器とした3大療法が、がんとの闘いに勝利を収めつつあるとは、とても言えない。ページ118
ガンは全身病である。ガンは慢性病である。ガンは免疫失調の病気である。そして、ガンは心の病気である。ページ124
ではその免疫機能低下させる何らかの理由とは何か。その最大のものは、ストレス、そして否定的な心の持ち方である。ページ127
なるほどあなたは、そして私は、ガンに関しては素人かもしれない。しかし、私たちは一人一人、自分の人生の専門家である。生きることの、専門家である。権威に頼るな。人任せにするな。そして、自らの力を頼め。ページ148
手術もしたし、放射線も浴びた。だからもう治るんだと思い込む。それだけ、その気持ちだけ持てば良いんですよね。それならできる。それもできないんじゃ、やっぱり死ぬしかないかもしれない。人頼みで、医者任せで、医者が何とかしてくれると思ったら、ダメですよ。死にますよ。患者が病気に負けてしまったら、もうその時は終わりですよ。ページ176
アメリカのカールサイモントンが、今からおよそ20年前に開発した。体内の白血球がガン細胞を殺してしまうというイメージを繰り返し思い浮かべることにより、全身に実際にそのような反応起こさせ、ガンを治療しようとするものである。ページ190
ガンに勝つには、どうしても、肯定的で前向きな態度を取らなければならないと思います。あきらめないで、自分で努力して、何としても生き延びるんだという意志が必要です。どんな治療法を試すにしても、自分は絶対にガンに勝ってやるんだという気持ちと態度が肝心なんだと思います。ページ205
病気というものは、必ずしも悪いことばかりではない。心や生活の誤りに気づかせてくれる警告なんです。ありがたいものなのです。病気を通じて、人間的に完成に近付いて、ワンランク上がっていく、自己実現ができていく、そういうチャンスなんです。それを先程の繰り返しなりますが、医者が不用意に手を出して、そういう機会を殺してしまうのは、どうでしょうか。ページ218